ツノメドリ属日記

ガンプラ製作記です。

HG 1/144 宇宙用ジャハナム(クリム・ニック専用機) 2

 連日投稿ですが、前回のスモーとはまるで関連はありません。

f:id:cr-taku:20180411212753j:plain

今回はこいつです。

宇宙用ジャハナムです。

cr-taku.hatenablog.com

以前の記事は2015年12月。

月日が流れるのは早い…。

f:id:cr-taku:20180411212812j:plain

そんな2015年の段階から気になっていたこのジャハナムのプロポーションですが、本日ようやくメスを入れることになりました。

f:id:cr-taku:20180411212832j:plain

先ほどの写真とどこが変わったでしょうか?

 

股関節の幅を広げました。

フロントアーマーも幅増しする予定です(今回は未着手。)。

 

元の形状の、棒人間みたいな脚の広がり方が嫌だったので、まずそこを改修しました。

f:id:cr-taku:20180411212841j:plain

色々なホームページを参考にして、外径5mm/内径3mmのプラパイプに、3mm径のプラ棒を挿しました。

ただ、ジャハナムの脚のポリキャップがかなり強引に広がるので、あまりよろしくはないかも。

f:id:cr-taku:20180411212908j:plain

ついでに胴体の位置が前寄りだったので、そこも修正。

元のピンを落として、変更予定位置に3mmのピンバイスで穴を空けました。

 

…はい。見事にミスってます 笑

f:id:cr-taku:20180411212917j:plain

かなり中心からズレたので、とりあえず3mmプラ棒で埋める 笑

f:id:cr-taku:20180411212925j:plain

実は手元が狂って(言い訳)もう一回ミスったので、目安の場所に切り落としたピンを接着して終わりました。

その内しっかり直します。

 

そして悩んだ頭部。

多分一番悩んだ。

f:id:cr-taku:20180411212942j:plain

まず頭部のマスクに当たる部分を分離させました。

溝が入っている部分から切り離しています。

 

f:id:cr-taku:20180411213009j:plain

そうすると後頭部と頭の上の方が残るので、頭頂部の合わせ目は消すことができそうです。

わかりづらいですが、後頭部側のパーツも、カメラパーツが下からスライドして入るように、加工しています。

f:id:cr-taku:20180411213053j:plain

下からスライドしてカメラアイも問題なく入りました。

f:id:cr-taku:20180411213129j:plain

あとはマスクをはめ込むだけ。

f:id:cr-taku:20180411213137j:plain

わかりづらいとは思いますが、一応このような感じに加工しました。

 

次は脚の後ハメ加工。

f:id:cr-taku:20180411213149j:plain

左が未加工。右が加工済み。

f:id:cr-taku:20180411213201j:plain

関節パーツを外すとこんな感じ。

ピン受けを切り欠いて、上からくっつけることができるようにしています。

 

下手するとここまでしっかり考えて工作するのは、Gセルフ以来かも知れません。

Rジャジャは、元のRギャギャがよくできていたので、そこまで手間はかかってませんしね。

 

そんなこんなで、ジャハナムはしばらく元の形に戻ることはなさそうです 笑

集中力が続く内に、やりたいキットから進めていくので、すみませんが、更新も不定期だと思います。