ツノメドリ属日記

ガンプラ製作記です。

HGBCで遊ぶ。

遊んでないでさっさとジェガン作れ!

もう一人の僕が叫んでいるのですが、正直暑さに参っているので作業が進みません。

 

と、いうことで、チマチマ作って遊べるHGBC(ハイグレードビルドカスタム)シリーズを大量購入しました 笑

 

このキットなら組むにも労力が少ない上に、いろいろ遊べそうかな、と。

(ガンプラやめた方が良いようなコメントですが…。)

 

f:id:cr-taku:20180814004401j:plain

ちなみにいずれも自分の中で、良い点と悪い点が鬩ぎ合い、購入をためらっていました。

良い点は気軽に組めて既存のガンプラと様々な組み合わせができる点。

悪い点は、見た目がダサいということです。

 

全部が全部当てはまるわけではないです。

が、これ一体どんなガンプラに似合うの?といった武器が多いのも確か。

ただし、今回はそんな概念を捨てて、童心に帰って楽しもうと思います。

f:id:cr-taku:20180814004413j:plain

ふと目があった作りかけキット達。

これだけではないんですが、今は見逃しておくれ…。

 

■ジムジムウェポンズ

f:id:cr-taku:20180814004429j:plain

せっかくなのでGM/GMを引っ張り出してきました。

いろんな方がやっているように、頭だけガンダム顔にして良く動くガンダムを作る。みたいなのがやりたくて買ったキットです。

結局やりませんでした 笑

f:id:cr-taku:20180814004439j:plain

f:id:cr-taku:20180814004452j:plain

さっそくライフルを持たせてみました。

 

…。

なんだか満足してしまい、いろんな組み合わせはしませんでした。

一応2丁ビームピストルの基部があったので、一つはマシンガンにしてあります。

 

■ライトニングバックウェポンシステムMK-Ⅲ

f:id:cr-taku:20180814004513j:plain

ビルドファイターズ系の主役級キットの中では、ライトニングガンダムがかなり好みです。

そのため、今回は3つあるBWSの中の、一番新しいバックパックをチョイスしてみました。

 初代ライトニングBWSは既に持っています。

 

取り付けた外観はAGE-2みたいな感じですね。

f:id:cr-taku:20180814004520j:plain

ゴチャゴチャしていたので羽をとってみました。

これはこれで良いですね^ ^←少数派かと思われますが…。

3mmピンになにかブースター系のパーツをつけるとカッコよくなりそう。

f:id:cr-taku:20180814004531j:plain

ちなみにライフルは追加パーツでかなりゴツくなります。

f:id:cr-taku:20180814004542j:plain

f:id:cr-taku:20180814004551j:plain

変形もAGE-2みたいな外見ですね。

鳥にしがみついてるように見える 笑

 

ハデでカッコ良いかも知れませんが、初代ライトニングBWSか、BWSなしの素ライトニングの方が個人的には好きです。

ビルドファイターズトライ1話か2話で、ビルドバーニングガンダムと戦っていた素のライトニングはカッコよかった。

 

■ティルトローターパック

f:id:cr-taku:20180814004611j:plain

BWSのようなサポートマシンです。

個体差かこういうものなのか、チェーンソーのつくアームのボールジョイントがゆるゆるでした。

f:id:cr-taku:20180814004621j:plain

チェーンソーはゆるかったため外しました。

ボリュームがあっていいですねー!

グリモアのデザインと相性が良いです。

f:id:cr-taku:20180814004630j:plain

これはかっこいい!

 

↓せっかくなので他のガンプラにもつけてみました。

f:id:cr-taku:20180814004649j:plain

さっきのGM/GM

無加工で取り付け可能。

色のせいもありますが、似合うような似合わないような…。

頑張って空から狙い撃ちして欲しいです。

f:id:cr-taku:20180814004640j:plain

ガルバルディリベイク。

こちらも無加工で取り付け可能。

色合わせたら意外と違和感なさそうです。

肩はリベイクオリジナルの方が良かったかも。

 

とにかくプロペラがいい味だしてますよね。

このままグリモア用として使いたいと思います。

 

チェンジリングライフル

f:id:cr-taku:20180814004705j:plain

自分でも驚きましたが、これしか写真撮っていませんでした。

しかも記憶によれば、先端の付け替え可能な銃口パーツは一度も換装していません 笑

いろいろ楽しむんじゃなかったのか…!笑

ガルバルディもやる気なさげだ…。

 

■スピニングブラスター

f:id:cr-taku:20180814004719j:plain

チェンジリングライフル同様やる気を感じさせないガルバルディリベイクのカット。

一番ダサくて、どんなMSに似合うの考えていましたが、ついに答えはでませんでした。

いくらガンプラのアニメのキットだとしても、ガンダムの世界観とかけ離れ過ぎている気がします。

 

ただ、歯車を使ったギミックのおかげで、ちょっとだけ童心に帰ることができたかも知れません^ ^;

f:id:cr-taku:20180814004730j:plain

f:id:cr-taku:20180814004744j:plain

f:id:cr-taku:20180814004821j:plain

砲身をひっくり返すことができるんですが、その際歯車と連動してボルト(?)のようなパーツも一緒にくるくる回ります。

スコープも同じようにたたむことができます。

なんだか癖になって何回もパタパタ砲身をひっくり返してました 笑

f:id:cr-taku:20180814004845j:plain

ビームガトリングは単体で持たせられます。

…というよりはこちらが本命です。

公式HPでジェガンが構えている姿を見て、気になっていたんです。

f:id:cr-taku:20180814004901j:plain

ちなみにドムに似合うかなぁと狙っていたのですが、似合いませんでした。

結局今のところ使い道はなさそうです。

f:id:cr-taku:20180814004908j:plain

こっちの方がかっこいい。

ガンダムUCのEP4の影響で、バズーカ持っていないドムがカッコよくて仕方なくなっています^ ^

f:id:cr-taku:20180814004924j:plain

ちなみにガルバルディリベイクは迷走中。

f:id:cr-taku:20180814004931j:plain

素のガルバルディβは胸部をボリュームアップさせ、肩の接続位置を少し変更させています。

左肩は変更前なので、肩が変わった後の姿はまだ撮影してません。

 

■SDCS クロスシルエットフレーム

f:id:cr-taku:20180814004938j:plain

f:id:cr-taku:20180814004944j:plain

実はHGBCではないのですが、こんなのも買っていました。

さっきのティルトローターの重みを受け止めていた黒子です。

SDはほとんど興味がないのですが、昔買ったSDガンダムMK-Ⅳをどうにかできないかとずっと考えていたところのフレームの発売だったので、速攻で買いました。

実は店頭になかったため、Amazonで買いました。

この忙しい時期にドライバーさんには申し訳ないことをした…。

f:id:cr-taku:20180814004951j:plain

頑張ってフレームを組み込み中です。

またこれは別の記事にしたいと思います。

f:id:cr-taku:20180814004958j:plain

ジェガンは修正にキリがつきません…。

今はパテで素地の最終調整をしながらスジ彫りを追加しています。

前回気になっていた胸部以外のディテールのバランスの悪さを改善すべく、手を加えたせいで、まったく終わりません…。

 

お盆休みに実家(祖母宅)で工作しようかと考えていましたが、いとこ達家族も来るみたいなので、ジェガンをいじるのは難しそうです。

 

8月であとは塗装だけ!というところまでは持っていきたい…。