ツノメドリ属日記

ガンプラ製作記です。

HG 1/144 宇宙用ジャハナム(クリム・ニック専用機)4

宇宙用ジャハナム の進捗ですが、ハッキリ言って全く進んでいません。

まさか劇場版GレコⅣ公開までに1ミリも工作進まないとは…。

↑現在の状態です。

数年前の工作でプロポーションは改修済み。

脚にはブースターを付けたかったので、合わせ目消しの為に接着したクリム機の脚部は使わず、ジャンクの量産機の脚部を改造しました。

本当に荒削りで、何をどうしていたのか全くもってわからない 笑

この写真を見てわかるように、頭部の下にはMSパイプがあります。

モールドと一体だったパイプの造形が気に入らず、勢いで削り落としています。

その為、大枠としては脚部・首回り(パイプ)・バックパック(ガトリング)の3箇所の改修が必須項目です。

ただし他にも細々気になる部分があったため、先に修正。

バックパックが重すぎて仰け反ってしまう現象を抑えたかったので、胴体にプラ板を貼って、仰け反りを防止しました。

胴体の可動域が減りますが、元がそこまで動かないので気にしないことにしました。

仰け反り対策完璧です。

それにしても成型色の派手さ 笑

そして脚部。

実はふくらはぎの側面の出っ張りの下部をエッチングソーで切り落とし、ビルダーズパーツを両面テープで貼っているだけです。

高さ方向のバランスは今貼り付けている感じが理想(もうちょい下でも良いですが、接着しろがない…)なので、しっかり固定できるようにパーツの穴埋めと両足のシンメトリー化を行う予定です。

細かいところですが、塗装ハゲを減らすため、パーツの削り込みも行いました。

ここです。

こういうの、気が付きにくいので、けっこう他の製作者さんのブログを参考にしています。

とりあえず首回りとバックパックは次回以降、ですね…。


■雑記

Gレコ劇場版Ⅳ、公開初日が奇跡的に休みだったので、一番早い時間で観に行きました。

まだジャハナム も活躍しています!

ガイトラッシュに一撃喰らわせる活躍はカットされずに残っているのか、そこが気になります 笑

内容は衝撃的で、後半がほぼ新規カットという驚異的な作品でした。

数日後に公開の5作目で富野監督の作品は一度完結しるわけですが、新作も見てみたいですね…。

80歳だそうで、信じられません。

Gレコを観に行ったついでにガンダムベースのポップアップにも行ってきました。

↑の写真の一番上、卵殻プラスチックを使用した新たなエコプラのガンダムを興味本位で購入。

下ふたつは帰ってきたらプレバンから発送されたものが宅配ボックスに届いており、ガンダムグッズまみれで帰宅 笑

質感はパテとプラを足したような感覚。

重量感もありつつ切削性が良さそう(まだ削ってません^ ^;)。

ところどころ白い斑らが入っていましたが、エコプラなので致し方ないかと。

夜な夜な組み上げました。

こんなカラーリングもカッコ良い。

ドアンザクもパチ組み。

まさかのダメージ装甲を極力使わずに作成 笑

(ザクマシンガンは付属していません!)

ドアンザク頭のフレッシュなザクが作れるかと思いきや、なんの面白みもないザクが出来上がりました 笑

ダメージパーツに戻して汚し塗装に挑戦してみるのも一つの手かな、とも思っています。

オリジンフォーマットのザクは現在2個目。

昔はザクⅡ持ってたんですが、手放してしまったので比較できませんでした。

シャッコーも超カッコ良いです。

仮面ライダーみたい 笑

個人的にはREは大好きなシリーズだったので、復活を切望します。

他のVガン系キットとも並べてみました。

どれもカッコ良いですが、旧キットと呼ばれるポジションの1/100ゾリディアが今でも通用するプロポーションでカッコ良いですね。

今はなきガンダムフロント東京で購入したものです。

いつかカッコ良く仕上げてあげたい…。

 

HG 1/144 シュヴァルベグレイズ【完成】

※2022年6月14日に一瞬公開しましたが、コンペのレギュレーションの関係で一旦下書きに戻していました。

7月1日に再度掲載しています。

シュヴァルベグレイズ撮影完了しました。

EGガンダム以来の完成だったので、達成感があります。

塗装のみで終わらせることが多かったので、久しぶりに力の入ったキットです。

まずはバックパックなし。

プロポーション変更の甲斐があり、寸詰まり感の少ないスタイルになりました。

キマリスブースターを接続しました。

ブースターも4色に塗り分けています。

メインカメラはフレームメタリックに塗り、その上からクリアイエローを重ねています。背面のエイハブリアクターも同様の塗装をしています。

ほとんどわからないんですが、各部削り込みもしています。

以前記事にも書いた、頑張ったサイドスカートはほとんど見えませんでした^ ^;

シリンダーも塗り分け。

サイドスカートの3mm穴は、アックスの取り付けを行わない為、WAVEのOボルトを埋め込んでいます。

クローは塗り分け時にマスキングテープをデザインナイフで切ろうとした際に、傷をつけてしまったり、マスキング位置が微妙に違ったりと苦戦。できが悪い方をあまり見えない位置になるように取り付けています 笑

肩はゲイレールですが、サイドの装甲板を外し、後から角バーニアを接着しました。

この辺は元のシュヴァルベグレイズの方が性能は高そうですね。

胴体の可動軸にポリキャップのランナー片を取り付けたことで、ブースターやランスを極端に動かしても仰け反りません。

 

↓ここからはスタンドに乗せてディスプレイ。

まさにガンダムキマリスのような一撃離脱スタイルをメインとした機体コンセプトで製作。

元々はキマリスブースターを取り付けられるように加工し、ガエリオ機カラーで塗装しようとしていたものを、数年の時を経てこのようなカラーリングに着地しました^ ^;

上半身にグレイズアインの装甲を採用し、防御力が高そうな見た目に変えているのもポイント。

ライフルはノズル部分を別パーツに変更。

マガジンはライフルの両サイドに2つ積んでいます。

平手はMSオプションセット8に入っていたレギンレイズの平手を加工しています。

実はグレイズの拳と比べてかなり大きいんですが、銃持ち手がランスに隠れている為、違和感がそこまで生まれないという奇跡^ ^;

だんだん見飽きてきたかもしれませんが、これはランスについているフォアグリップを握らせた写真です。

正直持たせにくいんですが、せっかくなので撮ってみました。

そしてクロー。

正式にはワイヤークローなんですが、リード線を使ってうまく撮影できなかったので、打突武器のようなイメージで撮影しました。

実際石動のシュヴァルべグレイズもこのクローでユーゴー撃墜していた記憶。

↓塗装前の仮組み写真との比較。

塗装前の方がカッコ良く見える…。

配色を既存のカラーリングから変更した部分もあるので、けっこう印象が変わりました。

筋彫りとかガッタガタですが、冒頭にも書きましたがとても満足^ ^

グレイズはもう1機あるので、今度は地上戦仕様を作りたいですね(しばらくはグレイズから離れたいですが 笑)。

 

■雑記

2022年ガンプラ一番くじを引いてみました。

D賞狙いで1度引くも、残念ながらH賞(これはこれでカッコ良い)。

諦めきれずもう一度引いたら見事D賞!

このバズーカ、システムウェポンでしか入手できないので、いつかガンダムベースで購入しようとおもっていました。

まさかストライク付きで、しかも職場の横のコンビニで入手できるとは…。

2回で約1600円でしたが、交通費とかを考えたらかなり得をした気分です^ ^

…で、今はこのキットの製作中。

また別の記事で紹介しますが、Gのレコンギスタ、盛り上がると良いですね^ ^

HG 1/144 シュヴァルベグレイズ 5

シュヴァルベグレイズの塗装を開始しました。

サーフェイサー下記の通り。

[装甲]

クレオス Mr.フィニッシングサーフェイサー1500 ブラック

[フレーム]

・ガイアカラー サーフェイサーエヴォ ガンメタ

・ガイアカラー メカサフスーパーヘヴィ

ガンメタがギラつき感MAXだったので、部分的にマスキングして、メカサフで上塗りしました。

[ブルー系]

・ガイアカラー 基本色 コバルトブルー 50%

・ガイアカラー  バーチャロンカラー 風群青 25%

クレオス ブルーFS150044 サンダーバーズカラー 25%

 

今回は爽やかな配色にしてみました。

スマホゲームのアイアンサーガに出てくるフレンチナイトが元ネタです 笑

[チャコールグレー系]

クレオス ジャーマングレーWWⅡ独戦車他 50%

クレオス RLM66ブラックグレー 独機機内他 50%

[バーニヤ/パイプ系]

・ガイアカラー  バーチャロンカラー フレームメタリック2

 

以下塗装後の本体写真なし(撮り忘れ^ ^;)

[ホワイト系]

クレオス クールホワイト 基本色 

[メインカメラ/エイハブリアクター]

・ガイアカラー  クリアー クリアーイエロー(下地 : フレームメタリック2)

[胴体シリンダー部]

・ガイアカラー メタリック スターブライトゴールド

話の流れとは全く関係ないんですが、久しぶりにエポパテを引っ張り出して、ライフルの弾倉裏側と、ブースターの裏側を埋めました。

実際ほとんど見えないような場所は無視するんですが、数年前、名古屋に住んでいた頃に購入したエポパテがあることに気がつき、使用してみました。

色も切削性もとても良いです。

初めて買ったエポパテ以外はずっとこのパテを買ってます。

名古屋のよく行っていた模型店も、どこもガンプラが少なくなって様変わりしているんでしょうね…。

デカールはほどほどにしました。

何故なら大変だからです。

Rジャジャとか昔作ったガンプラ見ていると我ながら感心します 笑

デカールは4種類使っています。

一部タミヤエナメルで部分塗装しています。

黒下地で塗装すると、ほとんど墨入れいらないので、昔からの相棒、フラットブラックの出番は減っています。

レモンイエローは薄めてガンメタ下地の内蔵カメラ上を塗っています。

こんなにあるんですが、どうやって使っていこうか悩みます。

ジム改みたいにエナメル筆塗りもまたしてみたいんですが、あれでも全然塗料減ってないんですよね…。

 

塗装を終え、この記事を書いているころには水性トップコートの乾燥待ちです。

以下の2種類を使いました。

[装甲]

クレオス 水性プレミアムトップコート 光沢

[フレーム]

・水性プレミアムトップコート 半光沢

 

ちなみに今、塗料を水性に移行しようと検討中です。

塗膜も強く、カラーバリエーションの豊富さが魅力なラッカーですが、やはりニオイの問題が大きいです。

ラッカー塗料瓶がまだまだあるので、それを使い果たしてからになるんですけどね…。

 

■雑記

劇場版Gのレコンギスタの公開が近付いてきました。

Ⅳの予告編を見ましたが、大部分が変わるんでしょうか?

クレッセントシップで金星に行く辺りのガイトラッシュ戦がマックナイフの見納めだった気がしますが、パーフェクトバックパックGセルフと戦っていましたね(正確にはバックパックなし…?)。

今のところ謎だらけですが、次はジャハナムを完成に向けて進めたいと思います。

HG 1/144 シュヴァルベグレイズ 4

前回からディテールアップを中心に工作を続け、ようやく塗装一歩手前まで運ぶことができました。

コンペ締め切りまで果たして間に合うのかどうか…。やや怪しいところですが、ここまで来たら走り抜けたいと思います。

現状確認の為仮組み。

肩の変更は個人的に大正解でした。

身軽な印象に変わったと思います。

プロポーションもまとまりました!

一部1/100のシュヴァルベグレイズを参考に筋彫りを行いました。

が、ほとんど思いつきな上に、ラインがガッタガタで見るも無残…。

今まで苦手で避けてきた筋彫りですが、やはり少しでも練習し続けた方が良いですね^ ^;

腕部は縦ライン2本と、下端を彫り込んでみました。

ブースター、1/100に寄せるのがホントに難しい。

やらなければ良かったと思った代表格。

片側彫り終えましたが、もう片方は未だに修正地獄です^ ^;

脚部やサイドアーマーは、削り込んで段差を付けてみました。

脚部はわかりにくいですが、サイドアーマーは3つ並んでいる内の中央が段差をつけた物です。

側面が2段になり、1/100っぽくできました。

そして、久しぶりにエポキシパテを使用。

目的は平手パーツの調整でしたが、余ったので肉抜き穴を埋めました。

購入したのはかなり前だったんですが、問題なく使えました。

エポパテはこの軽量・グレータイプを良く使用していました。

 

写真のブースターの裏側にある丸いパーティングライン(?)がめっちゃ気になるんですが、けっこう消すの大変そうなのでそのままにしてます…。

 

バックパックを背負うと仰け反ってしまう問題点があった為、ポリキャップのランナータグを使った対策を盛り込んでみました。

Twitterか何かで見た方法だったと思います。

 

既存軸を一部切り欠いて、ポリキャップのランナータグを差し込んでいます。

空洞になっている既存軸の中にプラ棒を挿すことで、ランナータグの脱落を防いでいます。

ランナータグを少し厚めにしておく事で内圧が高まり、摩擦力が増すという

手頃なプラ棒が無かったのでプラパイプで代用してますが、潰れることもないので安心しました。

バックパックを取り付けても仰け反らなくなりました。

ずっと保てはしないでしょうが、普段プラモを飾って置いておいたりしないので撮影の時に姿勢が維持できれば全く問題ありません^ ^

全然関係ありませんが、1/100のパーツはドーベンウルフに使っていたので、一部バラしました。

こういう難しそうなキットも見るたびに「やるぞ!」って思うんですが、進まないんですよね…。

 

 

■雑記

 

MG ガンダムMK-Ⅴが手付かずなままな上に、↓のキットが届きました。

以前組んだF90がかなり面倒だった記憶も重なり、まだ蓋を開けるに至っていません^ ^;

赤や黄色だけでも塗装して、バーニアやメタル系のパーツを塗り分けるだけでもカッコよくなりそうなので、F91を塗装する際に合わせて進められたら良いな…。

4月末に購入した30MMのシエルノヴァ

ドムっぽいシルエットがツボったので、必ず入手したかったキット。

店頭でラスト1個だった為、慌てて抱えました^ ^;

そしてなんとなく構想にあった組み合わせを実施。

悪くないんですが、若干脚が短い印象。

このまま作るかシエルノヴァとしてとっておくかは考え中です。

そして最後にもう1個。

ヤフオクにて入手したνジオンガンダム

武装・余剰パーツなしの未組み立てランナーのみ。

なんと1,000円でした(送料含んで1,300円程度)。

元が3,000円超えるキットなだけに、ラッキーでした。

今話題の福岡の立像や、EGのνガンダムではありませんが、大変満足。

今は武装バックパックを選定中。

意外と似合う武器がないのが困ります。

量産機(ザク)カラーで塗ろうと思案しております^ ^

HG 1/144 シュヴァルベグレイズ 3

引き続きシュヴァルべグレイズです。

未だに納得のいく肩パーツがなく、いろいろなキットの肩を取り付けて悩んでました。

 

■肩パーツ

左上 : シュヴァルべグレイズ(標準) /  右上 : バルバトス第6形態

左下 : ゲイレール / 右下 : ゲイレール(装甲板なし)

ゲイレールが一番しっくりきました 笑

しかも装甲板のないバージョン。

グリムゲルデっぽくて好きですねー。

旧型機の肩なので、性能は落ちるのかも知れませんね。

装甲板を外すとH型のダボが飛び出すので、切り落としました。

装甲と面になるように調整。

角バーニアの小さいやつを2個並べてつけることにしましたが、塗装を楽にしたいので未接着です。

 

■拳パーツ

平手を30MMのパーツから移植しようと思ったんですが、レギンレイズのオプション平手が余っていたので使うことにしました。

…が、全然流用できません 笑

ちなみに↑の写真の手首部分のボールジョイントはグレイズより小さいです。

と言うことで、パーツの不要な部分を削って相欠きにして組み合わせました。

失敗したわけではなく、様子見。

さらにここから奥行きを詰めます。

奥行きを短くして形ができました(細かい接着や調整は別途必要)。

しかしレギンレイズの手、デカいぞ 笑

作る前に気付けよ、と言いたい^ ^;

大きな加工はひとまず終了。

一応平手はレギンレイズのサイズのまま、右手も作るつもりです。

背中が重いのと、各関節がプラプラになっているので、その辺も手を加えてシャキッと立たせられるようにしたいです。

頭部もカスタムするかどうかは悩み中。

あとはカラーリングが未決なので、今月中には方向性決めなければ…(コンペ締め切りが6月なので)。

 

■雑記

組み済みのキットを物色していたら、気になるものが出てきました。

ユーラヴェンガンダムなんですが、ヴィートルーガンダムが混ざってますね 笑

けっこうカッコ良いので、ささっと塗って完成させたいですね。

Gレコが今夏完結ということで、お手つきキットも進めていかねば…。

 

HG 1/144 シュヴァルベグレイズ 2

シュヴァルべグレイズ進捗です。

f:id:cr-taku:20220316222845j:plain

↑前回までの姿。

ここから合わせ目消しやプロポーションの変更を地道に行ってきました。

 

■合わせ目消し

・ももアーマー

f:id:cr-taku:20220316222916j:plain

前回のブログでは消さないと言っていたももの合わせ目ですが、思いの外簡単に消すことができそうでしたので、トライしてみました。

結果的には綺麗に消すことができたと思います。

 

↓後ハメ加工の手順。

f:id:cr-taku:20220316222854j:plain

写真中の右側のフレームの、アーマーがかぶさる部分を削り込んでいます。

左側のフレームは未施工。

f:id:cr-taku:20220316222902j:plain

アーマー側は矢印部分の平ピンをギリギリまでカットしています。

これだけで後はめ+合わせ目消しができてしまいました。

 

・フレームのパイプ(?)部分

f:id:cr-taku:20220316222943j:plain

エイハブリアクター付近についているパイプに合わせ目があるのですが、コトブキヤのモビルパイプを使って隠すことができました。

写真は分かりづらいですが、左側の赤い矢印の先にあるのがモビルパイプをかぶせたもの。

右側の方はピンを削り込んで調整しました。

f:id:cr-taku:20220316222949j:plain

↑こんな感じ。

フレームの接着はせずに、合わせ目にあたる部分を隠しています。

 

・キマリスブースター

f:id:cr-taku:20220316223013j:plain

この歯みたいなパーツですが…。

f:id:cr-taku:20220316223019j:plain

ブースターの上の方にあるダクトパーツです。

ブースターを接着してからでも入れ込めるように削り込んでいます。

けっこう削っていますが、見え掛かりは全く問題ありませんでした。

f:id:cr-taku:20220316223027j:plain

ブースターの下部はそこまで合わせ目も目立たないのと、後ハメが思いつかなかったので、幅広なラインチゼルで彫り込んで段落ち風にしておきました。

f:id:cr-taku:20220316223040j:plain

f:id:cr-taku:20220316223050j:plain

ブースターのグレイズへの接続部は、シュヴァルべグレイズのバックパックプラ板を使って作りました。

f:id:cr-taku:20220316223057j:plain

まだ荒いので調整は必要ですが、概ね満足。

f:id:cr-taku:20220316223120j:plain

f:id:cr-taku:20220316223134j:plain

一度仮組み。

肩アーマーない方がカッコ良い説浮上 笑

ゴツくてカッコ良いんですが、ちょっと寸詰まり感が否めないので、プロポーション改修に着手しました。

 

■プロポーション改修

・胴体

f:id:cr-taku:20220316223218j:plain

1.5mmプラ板を2枚重ね、接着。

ヤスリほう台2で形を整えました。

f:id:cr-taku:20220316223224j:plain

それを胴体に接着。

かなり簡単に、プロポーションの破綻なく延長できました。

f:id:cr-taku:20220316223229j:plain

軸はプラ板に穴を開け、元々のパーツを埋め込んで接着しています。

 

・脚部

f:id:cr-taku:20220316223150j:plain

脚の付け根部分で1mmの延長に挑戦。

新しく購入したハイパーカットソーで軸を切断。

f:id:cr-taku:20220316223203j:plain

円形のちょうど良いパーツが見当たらず、コトブキヤのバーニヤのあまり使ってないパーツを使って、切り離したパーツの間に接着しました。

f:id:cr-taku:20220316223246j:plain

ちょっと失敗しましたが、足首でも1mm延長しました。

f:id:cr-taku:20220316223258j:plain

変わった…?

わかりませんね 笑

胴体で3mm・脚部で2mmの延長です。

f:id:cr-taku:20220316223312j:plain

f:id:cr-taku:20220316223322j:plain

左が未改修、右が改修後。

サイドから撮影した写真は違いがハッキリわかりますね。

頑張った甲斐がありました^ ^;

f:id:cr-taku:20220316223330j:plain

f:id:cr-taku:20220316223359j:plain

わかりにくいんですが、二の腕のアーマーも角度調整中です。

ちょっとうまくいかないかも知れませんが、肩アーマーがつくと目立たない(はず)なので、ざっくりと進めていきます。

 

フレームパーツはほぼ仕上がったので、塗装に入れそうです。

暖かな気候になってくれて助かりました。

アーマーは筋彫りの追加やプラ板を貼ったりしてディテールアップの予定です。

HG 1/144 シュヴァルベグレイズ

バーザム製作中の記事でチラッと載せたグレイズ の写真。

ちょうどTwitter上でコンペがあるとのことで、タイミングも良いのでグレイズ で参加することにしました。f:id:cr-taku:20210826233933j:plain

↓今回はシュヴァルべグレイズ をチョイス。

f:id:cr-taku:20220202002122j:plain

f:id:cr-taku:20220202002158j:plain

キマリスのブースターとオプションセットのランスを装備させることにしました。

torimaru.hatenablog.com


↑基本工作はとりまるさんの過去記事を参考にさせていただきました(ご本人よりブログ掲載の許可をいただいています)。

 

■脚部

 

f:id:cr-taku:20220202001751j:plain

まずは脚側面の合わせ目処理。

接着し、やすりがけをして接着剤のはみ出しを削りました。

f:id:cr-taku:20220202001745j:plain

f:id:cr-taku:20220202001814j:plain

試しに前回ハケ付きプラボトルに入れた瓶サフを塗ってみましたが、希釈が甘かったようでダマが多く、ベタベタになりました 笑

f:id:cr-taku:20220202001846j:plain

サフは一旦無視し、フレームに取り付けられるように後方のパーツを切り離します(サフは乾燥してから作業しています)。

まずはPカッターである程度溝を深くしてから、ノコで切り落としました。

f:id:cr-taku:20220202001923j:plain

f:id:cr-taku:20220202001942j:plain

こんな感じで分離。

サフは削り落としました 笑

f:id:cr-taku:20220202002017j:plain

f:id:cr-taku:20220202002023j:plain

思ったより簡単に工作完了。

切断面はヤスリで整えています。

f:id:cr-taku:20220202002039j:plain

f:id:cr-taku:20220202002045j:plain

ももの膝付近に突起あり。

別のディテールを入れて誤魔化すために全て削り落としました。

元々縦に入っている合わせ目は段落ちモールド化するなりして処理しようと思います。

 

■腰

 

f:id:cr-taku:20220202002235j:plain

サイドアーマーの取り付け位置を変更する工作を行いました。

f:id:cr-taku:20220202002314j:plain

丸部分を移植しました。

f:id:cr-taku:20220202002322j:plain

ノコで切り落とし、腰の部分へ接着。

f:id:cr-taku:20220202002332j:plain

フロントアーマーやリヤアーマーをつけても問題なし。

飛び出している部分は接着剤がしっかり固まった後に削ります。

Mr.セメントSPで貼り付けただけですが、それなりにしっかり付いてくれました。

 

■腕部

 

f:id:cr-taku:20220202002428j:plain

f:id:cr-taku:20220202002452j:plain

特に何もしていませんが、二の腕のアーマーにグレイズリッターのパーツをチョイスしたので、シュヴァルべグレイズのアーマーと干渉し、腕が伸ばせないことがわかりました。

改修項目として挙げましたが、まだ何も手を入れていません 笑

二の腕のアーマーの垂れ下がったガード部分の角度を変える予定です。

 

とりあえず現段階ではこんなところ。

この後ブースターや装備など、順々に合わせ目消しをしたり、改造したりして進めていきます。

f:id:cr-taku:20220202002532j:plain

胴回りはグレイズアインのアーマーで固めて、高い防御力をアピール。

高機動且つ硬い、というコンセプトです。

f:id:cr-taku:20220202002756j:plain

装備を付けるととてもゴツい。

ただランスが長いので、全体的に延長してプロポーションを変えた方が良さそうです。

脚部をももと足首で伸ばして胴もフレームと腰の接続部で延長しようと考えています。

もっと自然にランスを下ろせるほうがカッコ良いと思うので。

f:id:cr-taku:20220202002937j:plain

あとは肩が気になっています。

元々シュヴァルべグレイズ の肩のデザインが好きではなかったんですが、理由という理由もなく…。

肩の付け根からそのまま横に伸びているので、ショルダーアーマーの位置が低く、さらに一直線に近い伸び方なのがダメなのかも知れません。

f:id:cr-taku:20220202002947j:plain

角度を変えたらありかもですが、やはり肩位置低いな…。

グレイズアインのアーマーにしたことで、余計にそう見えるようですね。

f:id:cr-taku:20220210230145j:plain

f:id:cr-taku:20220210231054j:plain

こちらはバルバトス第6形態の肩ver。

肩の高さは良くなったんですが、グレイズリッター感が強くなってしまうので、考えものですね…。

 

一応両方とも考えておくことにしました。

 

■雑記

 

グレイズ系キットはいくつか作ってきましたが、これを機に進めてみたいと思っているのが↓のキット。

f:id:cr-taku:20220202003001j:plain

ゲイレールシャルフリヒター。

当時ゲイレールとオプションセット3個を購入して完成させた思い出の一品 笑

クワの在庫がめっちゃあります^ ^;

f:id:cr-taku:20220202003019j:plain

オプションセットも多く買っていたので、わけのわからないカスタムも楽しんでいたようです。

データフォルダを漁るのも楽しい 笑

f:id:cr-taku:20220210231656j:plain

一番進めないといけないのはこのグレイズアインですね…。

どれだけの方が覚えてくださっているのか 笑

 

もう一生以上分キットは持っているので、今回みたいに未完成キットをたくさん進めていけると良いな、と思います。