ツノメドリ属日記

ガンプラ製作記です。

SD ガンダムMK-4

前回の記事でチラッと紹介した、ガンダムMK-4を記事にしました。

「MK-Ⅳ」表記だと文字化けする環境もあるみたいなので、細かいですが英数字にしました。

f:id:cr-taku:20180814004938j:plain

f:id:cr-taku:20180814004944j:plain

前回でも触れた、クロスシルエットフレーム(以下CSフレーム)。

こちらをガンダムMK-4に組み込む算段で購入しました。

このフレーム、サイズの割に意外と高いんですよね…。

 

f:id:cr-taku:20180815014209j:plain

f:id:cr-taku:20180815014216j:plain

前述の通り、SDガンダムMK-4に、CSフレームを組み込む予定だったのですが、

並べて見た段階で、早くも怪き雲行き。

f:id:cr-taku:20180815014225j:plain

ひとまずガンダムMK-4をバラして、無改造でとりつけられるパーツがあるかどうか確認。

 

そんなパーツはありませんでした。

Gジェネシリーズとの互換性は皆無なんですかね…?

f:id:cr-taku:20180815014251j:plain

見た目は汚いですが、工作例。

CSフレームのフットパーツを、SDガンダムMK-4のフットパーツの中にねじ込みました。

f:id:cr-taku:20180815014259j:plain

裏はこんな感じです。

f:id:cr-taku:20180814004951j:plain

肩は一旦テープで仮止め。後から接着固定しやすくするために、エポパテで隙間を埋めたりしました。

腕部は既存の肩から拳までのパーツを切り刻んで、さらに腕部分をCSフレームが入るように中空に加工しています。

f:id:cr-taku:20180815014324j:plain

胸部もパテで接着しやすく加工。

フロント・リアスカートはダボ穴に対し、プラ角棒を軸に使って、取り付けられるようにしました。

サイドスカートは加工中です。

 

今は仮でジオン系のマニュピレータでビームライフルを握らせています。

拳と腕の接続軸が、いまいちパッとするものがなく、困っています。

今の状態は、ボールジョイントをC字のフレームに引っ掛けてあるだけなので、簡単に外れてしまいます。

f:id:cr-taku:20180815014333j:plain

ちなみに背面。

f:id:cr-taku:20180815014341j:plain

f:id:cr-taku:20180815014348j:plain

さらに問題点がまた一つ。

脚(Leg)の装甲がないと言うことです。

せっかくここまで作ったものの、元のSDキットの体型の問題で、そもそも存在しないパーツだったことに気がつきました。

パテか何かでスクラッチですかね…。

ガンダムMK-4自体、変わった脚部な上、そもそも資料の少ないガンダムなので、

少々苦戦しそうです。

f:id:cr-taku:20180815014355j:plain

現状。

SDはほんとに興味がないのですが、なかなかカッコよくなってきたように感じます。

元の姿もなんだか可愛いんですけどね。

あとは脚部の装甲と拳の接続が課題になりそうです。

 

お盆休みもほとんどないようなものなので、ひとまずこの夏季休暇の改修はこれにて終了です^ ^;

 

みなさんもぜひCSフレームを購入し、既存のSDガンプラに組み込んでみてはいかがでしょうか?

ここまで来たら完成目指したいですねー。