ツノメドリ属日記

ガンプラ製作記です。

HG 1/144 レギンレイズ 【完成】

このブログ史上類を見ない、いきなり完成の記事です 笑

写真点数多いので、お時間ある方はぜひお付き合いください。

f:id:cr-taku:20190306232321j:plain

ギャラルホルン 対MS戦重視の最新鋭機。

ビルドダイバーズ に登場した、ダブルオースカイの追加兵装「HWS」の一部をメインウェポンに据えました。

 

このキットの製作はいたってシンプルに筆塗りのみ。

さらにサーフェイサーも吹いていません。

複雑な製作を避けて、純粋に楽しんで、苦労せずに作ることをコンセプトにしています^ ^;

 

まずは素立ち写真から。

f:id:cr-taku:20190306232359j:plain

f:id:cr-taku:20190306232407j:plain

f:id:cr-taku:20190306232414j:plain

f:id:cr-taku:20190306232422j:plain

カラーモチーフはグレイズリッターのマクギリス隊所属機です。

結果的に全く違う色味になってしまいましたが、綺麗なブルーグレーで気に入っています。

 

↓少し俯瞰気味の写真。

f:id:cr-taku:20190306232452j:plain

f:id:cr-taku:20190306232456j:plain

f:id:cr-taku:20190306232502j:plain

HWSはお察しの通りダインスレイヴに見立てています。

実際グレイズの片腕全部砲身になっている姿を見る限り、こんな携行武装は少しオーパーツ気味かもしれませんが、個人的にはカッコいいのでお許しを。

 

光源が自然光頼みなので、色味が安定しませんね…笑

f:id:cr-taku:20190306232604j:plain

f:id:cr-taku:20190306232611j:plain

リアスカート含め、肉抜き穴は一切埋めていません。

その代わりジャーマングレーで装甲裏などは塗装をしています。

 

ダインスレイヴのグリップの接着位置を間違えて、深く握れないトラブルあり^ ^;

完成目前に焦りましたが、もうこれで良しとしました。

 

ちなみにグリップを握っているだけで、腰で固定したりはしていません。

かなり無理のある設計です 笑

f:id:cr-taku:20190306232619j:plain

f:id:cr-taku:20190306232624j:plain

f:id:cr-taku:20190306232635j:plain

f:id:cr-taku:20190306232646j:plain

f:id:cr-taku:20190306232651j:plain

サフレスなので、装甲からなんとなく緑っぽいカラーが覗きますね…。

サフなんてめんどくさい、とそのまま塗りましたが、実際サフっておいた方が楽だと思います。

f:id:cr-taku:20190306232703j:plain

f:id:cr-taku:20190306232710j:plain

ツインパイル。

ダインスレイヴ携行中は防御にしか使えなさそうです。

f:id:cr-taku:20190306232719j:plain

f:id:cr-taku:20190306232726j:plain

f:id:cr-taku:20190306232733j:plain

130mmライフル。

ショートバレル派ですが、ロングバレルも2丁拳銃スタイルだとカッコいいかも。

ただ、拳を守るガード部分を付け忘れて撮影していますね…泣

f:id:cr-taku:20190306232745j:plain

謎のファイティングポーズ。

右のモモにギャラルホルンの紋章を貼ったんですが、ダインスレイヴで隠れてしまうので、それを見せるための写真です 笑

肩のフレームにも赤いデカールがチラ見え。

 

全体の完成形を想像せずに作るのでそうなるんです^ ^;

f:id:cr-taku:20190306232758j:plain

ついに「鉄血のオルフェンズ」で2個目の完成!

しかも2個とも筆塗り。

レギンレイズも汚しを入れるか悩みましたが、最新鋭のMSって設定なので、そのままにしました。

f:id:cr-taku:20190306232811j:plain

2機で絡めることができるので、写真にドラマ性が生まれますねー。

百錬は置いてあるだけですが 笑

ちなみにこの写真のレギンレイズは、ツインパイル持ってないので、ダインスレイヴの一撃を外したら確実に負けます 笑

 

百錬についての詳細は、以下リンクからどうぞ^ ^ 

cr-taku.hatenablog.com

 

 

■製作記

f:id:cr-taku:20190306232822j:plain

本当に塗っただけに近いので、製作途中の写真もほぼありません。

このレギンレイズは、ジェガンやらMK-4やらで頭を使うのに疲れていたので、パズルのようにギャラルホルンのMSを組み合わせて遊んでいた際に生まれました。

肩は兵装に合わせて少し角張った印象のグレイズの物を使用しています。

グレイズリッターの余剰パーツです。こういう時に余剰パーツは便利ですね^ ^

ダインスレイヴのグリップは、MSオプションセットのライフルの柄を切り取って接着しました。

f:id:cr-taku:20190306232832j:plain

使った塗料。

前回Rジャジャで使った塗料が、サンダーバーズカラーのレッド以外全くわからなってしまい、リペアができなくなったことを思い出し、写真を撮っておきました。

まぁ大した塗り分けしていないんですが、それでもこのレギンレイズには8色使ったみたいです。

 

・フレーム : メカサフHEAVY

・装甲1 : グレイッシュブルー FS35237

・装甲2/装甲裏 : ジャーマングレー

・装甲3 : ブルーFS15044

・リアクター部 : エヴァイエロー

・ダインスレイヴ : グロスシーブルーFS15042

・ダインスレイヴ砲門 : グレーFS36231

・ダインスレイヴミサイルポッド : Ex-ホワイト

f:id:cr-taku:20190306232845j:plain

商品名忘れてしまいましたが、GセルフRジャジャジェガンは、上の赤いキャップのやつで塗装していました(エア缶はホームセンターで購入。)。

均一に塗れて、個人的にとても気に入っていたんですが、塗料の消費が凄まじく、Rジャジャ1個塗るのに同色のビン4色使いました。

だいたい5:5で希釈してそんな感じなので、けっこう消費していると思います。

また、ベランダ族なので、どうしても準備・片付けの手間や、気候に左右され易いところが作業に取り掛かる気力を割いていました。

f:id:cr-taku:20190306232854j:plain

久しぶりの筆塗りは汚くても気楽に作りたい。という気持ちがあったからで、今までは↑のスプレーの方が綺麗に塗れるため、筆塗装に戻る気持ちがありませんでした。

ただ今回のレギンレイズの仕上がりは比較的満足いく出来で、なおかつ塗料の消費がめちゃくちゃ少ない!  しかも部屋できる! 笑 ってところが完全に勝りました。

 

百均の使い捨てパレットに色を出すんですが、シリコンのヘラで3回すくったくらいの塗料で全体を塗りきりました。

一旦ムラができたり厚塗りになると修正がかなり大変ですが、何より楽しいです。

ジェガンも筆塗りに変えるかも知れません^ ^;

f:id:cr-taku:20190306232922j:plain

装甲裏が見えるかな、と一応グレーで塗っています。

マスキングなし。フチにはみださないよう神経を使って塗りました。

f:id:cr-taku:20190306232946j:plain

トップコート(光沢)を吹いてからデカールや墨入れ。

f:id:cr-taku:20190306233002j:plain

最終、初めて購入したプレミアムトップコート(つや消し)で仕上げました。

全身ツヤツヤの状態もカッコよかったんですが、つや消しの方がもっとカッコよく見えるはず…と、夢と希望を乗せてつや消しを吹きました。

f:id:cr-taku:20190306233014j:plain

ところどころ筆が走った跡が見えますが、筆でここまでできたら満足です。

 

この勢いでジェガンもGWくらいまでには仕上げたいですね^ ^;

以上、レギンレイズでした!