ツノメドリ属日記

ガンプラ製作記です。

HGUC 1/144 ガルバルディβ 2

ガルバルディβ、続きです。

f:id:cr-taku:20190909005801j:plain

f:id:cr-taku:20190909005924j:plain

筋彫りとプラ板を貼って↑のようになりました。

f:id:cr-taku:20190909005755j:plain

背面はよいディテールを思いつかなかったので、シンプルにしました。

 

筋彫りはラインチゼル。

なかなか慣れないので、未だにガタガタな線しか引けません…。

 

表面処理は#600まで神ヤス(5mm厚)を使って行ってます。

写真で見た限りパーツ表面が荒いですが、塗装前提なので、いつも600まで(あくまで自分は。です。)

f:id:cr-taku:20190909010029j:plain

f:id:cr-taku:20190909010035j:plain

タミヤのグレーサフ、「スーパーサーフェイサー(グレイ)L」と、

メカサフヘヴィで関節色を吹いています。

f:id:cr-taku:20190909005808j:plain

綺麗に吹けましたが、やはり追加したラインが汚いですねー^ ^;

ちなみに#600程度のヤスリ傷は、サフ段階でほぼ消えているのがわかります。

 

グレーサフは良かったんですが、メカサフの方はかぶりました。

考えてもみればなかなかの湿度だったので、やらかしましたね…。

メカサフの色そのまま関節は使おうと考えていたので、吹き直しか上から別色載せるか要検討です。

f:id:cr-taku:20190909005906j:plain

背面はプラ板を貼らなかったので、塗り分けで勝負しようと考えています。

f:id:cr-taku:20190909005913j:plain

脚部はこんな感じ。

プラ板の貼っただけ感はすごいですね。

プラモ向上委員会の「ヤスリカスゼロ」を使って、これでも面取りしているんですが、まだまだ修行が足りないようです。

f:id:cr-taku:20190909020010j:plain

テーブルの上。

散らかっていますが、現在ガルバルディのカラーを検討しています。

あと、未だにジェガンの色も再検討中です(この前グリーン塗ったんですけどね…。)。

 

↑のサンプルは、カットしたプラ板に筆で塗料を塗っています。

塗った後に色の組み合わせのミスで悔やむことがないようにすることが目的です。

キャップの色だけで今まで考えていたので…。

 

今回は順当にレッド系の予定です。

f:id:cr-taku:20190909015852j:plain

ちなみに↑の腕はカラーテスト。

ジャハナム 改造用に購入した、ガンダムSEED DESTINYのコレクションシリーズ、「スラッシュザクファントム」の腕です。

スラッシュウィザードを提供して、本体にはもう使い道がないので、カラーパターンの確認用にしました。

 

関節やマニピュレーターがメカサフヘヴィで、それ以外はクレオスの#100 マルーンです。

 

以外とモッサリするので、ここは思い切って純色に近いレッドで塗装しようか悩み中です。

 


 ■雑記

実はここ最近はかなりたくさんキットを買っています。

ただし組んだのはHG 3個程度。

どれも表面処理まで終わっていますが、自分の手の遅さだと、積みプラが増える一方です。

…以前は買ったらすぐパチっていたんですけどね。

f:id:cr-taku:20190909014753j:plain

 f:id:cr-taku:20190909014804j:plain

↑ジンクスを押入れから引っ張り出してきました。

実は仕事の関係で名古屋を離れる可能性が出てきたので、荷物を整理しています(さっきの買い込み発言と大きく矛盾していますが 笑)。

いろいろと苦渋の選択ではありますが、以前も行ったように、ガンプラを売却しようと思っています。

既に手を加えてあるキット以外が対象ですが、どれも思い入れがあり、なかなか断捨離できません 笑

f:id:cr-taku:20190909014814j:plain

ジンクスはこれとセルゲイの乗っていた連邦カラーを残し、プレバンのジンクス4は4個全て手放そうと考えています。

↑のジンクスはストライカージンクスとオーガ刃Xの組み合わせで、頭部だけ飾り気のないものが良かったので、連邦仕様のジンクスから拝借しています。

NGNバズーカはHGアストレアtype-Fから。

過去にいろいろ組み合わせた際はなかなか形にならなかったのですが、写真のこいつはけっこう良い感じにまとまっている気がします。

f:id:cr-taku:20190909015902j:plain

そんなこんなでガルバルディですが、色が決まれば後は突き進むのみ。

頑張って塗装を完了させたいと思います。

HGUC 1/144 ガルバルディβ

以前から別のキットの記事に登場していたガルバルディですが、工作に目処が立ってきました。f:id:cr-taku:20190814191023j:plain

↑現状

f:id:cr-taku:20190814191048j:plain

まず大きく変えたのはバックパック

バーザムのものに交換しています。

互換性があるので、無改造の付け替えです。

 

バーザムには別のバックパックをつけたので、余ったオリジナルのバックパックガルバルディに付けてみた、という経緯です。

少し薄っぺらなバックパックなので、本当はもう少しボリュームがあると良いのですが、沼にハマらない為にも今回はこのまま使います。

f:id:cr-taku:20190814191104j:plain

脚部に筋彫り追加。

けっこう傷が入ってしまったのと、ラインもガタガタなので、可能な限り修正はするつもりです。

穴が空いている場所には、プラ板で裏打ちした後、コトブキヤのバーニアパーツを取り付ける予定です。

過去にRジャジャでもリアスカートに同じ要領で付けたことがあったので、今回も同じように手軽に雰囲気を変えられたら良いな、と思って加工してます。

f:id:cr-taku:20190814192258j:plain

Rジャジャのリアスカートにコトブキヤの丸バーニアとボルト(?)計4箇所。

f:id:cr-taku:20190814192329j:plain

肩もRギャギャからRジャジャにするためにミサイル発射口作成しました。

この後バーニアパーツ接着してそれっぽく見立てています。

↓詳しくは下記記事にて。

 

cr-taku.hatenablog.com

今回のガルバルディではあまりコテコテにするつもりはありませんでしたが、練習も兼ねて結局手を加えてしまいました。 

f:id:cr-taku:20190814191130j:plain

f:id:cr-taku:20190814191147j:plain

工作途中の写真。

後ろの串に刺さった緑のやつはジェガンですね 笑

 

今回は下半身から加工をはじめていますが、各パーツごと(足・スネ・モモ)プラ板を貼ったりしていたので、いざ組み合わせてみたらとっても残念な感じでした 笑

多分足についてる小さいプラチップは外してしまうと思います。

 

この後はフロントスカートに筋彫り追加し、胸部にはプラ板貼り付け予定です。

今月はもうほとんどガンプラを触れる時間はありませんが、工作にキリをつけて塗装に入りたいです!

ジェガンのように失敗ないような色の組み合わせで塗装したいと思います。

 

■雑記

 

工具を新調しました。

f:id:cr-taku:20190814191212j:plain

プラモ向上委員会の『ヤスリカスゼロ』

GUNPRIMERの『パネルラインガイド1』

 

明確に何かがしたかったわけではなく、何となく試したかったために購入。

 

ヤスリカスゼロのみテスト。

f:id:cr-taku:20190814191229j:plain

f:id:cr-taku:20190814191240j:plain

HARD(#240〜400)→MIDDLE(#600)

とりあえず消すことはできましたが、ペーパーとはまた違った削り心地で慣れません。

力を入れ過ぎたり、角で削れるとけっこう抉れます。

ラギアも待っているので、どこまで活躍の場があるかはわかりませんが、手を慣らすためにも、しばらく無理くり使ってみようと思います。

ちなみに削りカスは出ます(極微量)。

f:id:cr-taku:20190814191309j:plain

↑は補充。

リューター用ビットは加工のレパートリーを増やすために購入。

今のところダメージ加工は興味がないので、それ以外の用途で使う予定です。

 

神ヤスは定番と言うか、今の自分のプラモ製作に無くてはならない存在です。

特に5mm厚。

薄い方のは試したところ、パーツの上で動かしにくく、自分には向いていませんでした。

自分の組むキットの8割のパーツはこの神ヤスで表面処理しますが、曲面ではなく平面でも容赦なく使います。

5mm厚なのでそれなりに固く、平面でも削りやすい、という持論です。

 

面出しヤスリに関しては、#320が使いにくい印象だったので、「番手が原因かな?」と根拠もない謎理由で400番を買ってみました。

手癖なのか、商品名の割に面出しに使いづらく、フラットに仕上がりません。

まだ使っていませんが、400番は使いやすいことを祈ります 笑

 

ガルバルディ以外にも、つい昨日、ガブスレイを組みました。

後ろ姿がカッコいいです。

f:id:cr-taku:20190814191336j:plain

f:id:cr-taku:20190814191351j:plain

f:id:cr-taku:20190814191406j:plain

フェダーインライフルを持たせる握り手がゴミだったので、HDマニュピレーターに置き換えてます。

ただし拳が大きすぎるので、どうにか元の握り手を改善したいところです。

f:id:cr-taku:20190814191436j:plain

↑福岡からのお土産でいただきました。

こんなサプライズありですか…??泣

富野由悠季の世界。

ホントは自分の足で見に行きたいところですが、仕事以外でなかなか福岡に行くことがないので、静岡に来るまで待とうかな…と諦め気味です。

MGは3体目です。

f:id:cr-taku:20190814191452j:plain

とりあえず仕事やいろんな付き合いでなかなか製作が捗りませんが、まぁいつも通りなので、気にせずできる時に黙々と進めたいと思います。

HGUC 1/144 スタークジェガン 6

スタークジェガン

製作に関して大きな動きはないのですが、ちょこっとずつ進めています。

f:id:cr-taku:20181205120422j:plain

今までのスタークジェガン

f:id:cr-taku:20190718012038j:plain

f:id:cr-taku:20190718012046j:plain

塗装を剥がして再度サフ吹き。

f:id:cr-taku:20190718012106j:plain

f:id:cr-taku:20190718012121j:plain

今回もレギンレイズ と同じ筆塗りにしました。

レギンレイズの筆塗りでは、塗料の消費が少ないのと、そこまでムラにならないという印象があったので。

 

ただしこの湿度の高い時期は結構難しいです。

塗料が固まるというか、水分のせいか伸びが悪くなります。

f:id:cr-taku:20190718012131j:plain

f:id:cr-taku:20190718012138j:plain

f:id:cr-taku:20190718012148j:plain

カラーパターン再確認。

のはずでしたが、濃い方のグリーンはまた塗り直しの予定。

 

黒いパーツはチャコールグレー系で塗装の予定です。

 

◼️雑記

↓最近組んだキットです。

f:id:cr-taku:20190718012220j:plain

HGBD リーオーNPD

f:id:cr-taku:20190718012202j:plain

HGUC シルヴァバレトサプレッサー

f:id:cr-taku:20190718012213j:plain

昔組んだドーベンウルフと2ショット。

ドーベンの格好良さが再確認できました。

f:id:cr-taku:20190718012227j:plain

f:id:cr-taku:20190718012235j:plain

f:id:cr-taku:20190718012240j:plain

唐突にんガブスレイも進めています。

ちなみにガブスレイ 以外は6月に組んだキットです。

f:id:cr-taku:20190718012246j:plain

ガンプラパッケージアートコレクション2

こういうの好きですぐ集めてしまいます。

今回はMG1個買えそうな額まで出してようやくフルコンプ。

アッガイとザクマインレイヤーはどうしても出なかったので、会社の人から譲ってもらいました。

 

MGの購入は躊躇うくせに、お金を小出しにする分には構わないようです。

最終系が見えてなくて、その時が良ければokってことですね(1個120円)。

最悪です 笑

 

このブログについてですが、

気付いたら最近ショボ目のレビューサイトみたいになってきたので、しっかり製作してる内容を記事にしていきたいと思います。

昔以上に細かく手を付けているキットは実は増えていて、以前紹介したガルバルディ やバーザム、ドムR35などは着実に完成に近付いています。

 

ただ写真を撮るほどでも載せるほどでもない進捗具合なので、まとまったら記事にしたいと思います。

 

HG 1/144 ガンダムTR-6 ヘイズルⅡ

先月末にプレバンから届いたキットを消化しました。

ディジェ(ナラティブver.)はまだ未組み立てなので、早く組みたいです。

f:id:cr-taku:20190603234030j:plain

ヘイズルⅡ。

f:id:cr-taku:20180712232941j:plain

以前↑のウーンドウォートを組みましたが、とにかく変わった作りのキットだった記憶が強いです。

実際AOZ全く知らないので、完全にデザインだけ気になって購入した感じです。

そもそもZの時代のMSだとは思いもしませんでした。

f:id:cr-taku:20190612231828j:plain

ヘイズルⅡ素組み完成。

こちらのカラーリングも渋くてカッコいいです。

f:id:cr-taku:20190612231848j:plain

f:id:cr-taku:20190612231859j:plain

コンポジットシールドブースターが2基。

ウーンドウォートと比較してかなりゴツい見た目に変わりました。

f:id:cr-taku:20190612231912j:plain

ティターンズカラーのMSは初めて買った気がします。

ガルバルディβもバーザムも黒くないですもんね。

f:id:cr-taku:20190612231921j:plain

リアアーマーも丸っこいデザインから角張ったデザインに変わっていました。

f:id:cr-taku:20190612231939j:plain

ちなみに頑張れば自立します。

f:id:cr-taku:20190612232004j:plain

そーっと写真撮ってます 笑

f:id:cr-taku:20190612232013j:plain

ブースター外した状態。

ブースターある姿も良いのですが、こっちの方がスッキリしていて好み。

f:id:cr-taku:20190612232023j:plain

f:id:cr-taku:20190612232028j:plain

尻尾は動きますが、ポリキャップがゆるゆるです。

ちなみにコンポジットシールドブースターもすぐクタッとしてしまいます。

f:id:cr-taku:20190612232039j:plain

f:id:cr-taku:20190612232103j:plain

f:id:cr-taku:20190612232118j:plain

実際干渉しまくりで、ロクにポーズがとれません。

ビームライフルも脇に挟めば腕も曲げられそうですが、自由度は相当低そう。

シールドも脚に干渉してまともに構えられないので、↑の写真は腕を曲げて構えてます。

f:id:cr-taku:20190612232126j:plain

f:id:cr-taku:20190612232142j:plain

f:id:cr-taku:20190612232150j:plain

どちらが後発なのか、とか、機体の情報は詳しくは知りませんが、特徴的なデザインで写真映えしますねー。

特にヘイズルⅡに付属していたビームライフルはボリュームもあってかっこいいです。

f:id:cr-taku:20190612232202j:plain

変形機構もあるけっこう複雑なキットなので、塗装までしようとは今のところ考えていません。

そもそも差し替え変形ですが、変形に必要なパーツを切り出してすらいないという…笑

 

しばらく飾っておきます!

 

■雑記

f:id:cr-taku:20190612232219j:plain

また作りかけキットを漁っていました。

これもAOZに掲載されていたガルスSに影響を受けて作り始めたのですが、良く見たらけっこう形状が違ったので、面倒になってしまっていたものです 笑

全く同じで作る必要はないので、なんちゃってガルスSの製作をそのうち再開したいと思います。

ガルスS(旧キット)とシュツルムガルスの2ショットはありましたが、この姿はブログでは初登場でした。

f:id:cr-taku:20190612232241j:plain

また会おう。

f:id:cr-taku:20190612232256j:plain

それにしてもZZシリーズのパケ絵はカッコ良すぎます。

ジャムルフィンとかアイザック、ガゾウムとかも。

f:id:cr-taku:20190612232307j:plain

前回紹介したドムも製作中。

プラ板張ったり目にHアイズ仕込んだりしました。

コトブキヤの丸ノズル(4mm径)にHアイズ(3.5mm径)を入れてモノアイに接着しました。

これモノアイが出っ張った分、クリアパーツハマらないなんてことないよな…。

 

またまとまった進展があったらドム専用の記事を上げたいと思います。

 

HGBF 1/144 ドムR35 2

今度はドムを作っています。 

ビルドファイターズトライにちょこっと登場した「ドムR35」です。

昨年に購入し、下の写真は以前にブログにも載せたものです。

f:id:cr-taku:20180603000158j:plain

購入当時、色分けも優秀でサクっと組めると聞いて購入したキットで、そこまで作り込まず、この前のレギンレイズくらいのノリで完成させるつもりでいました。

 

ネット上では、様々な作例があり、中でも一番カッコよく感じた作品を参考にプロポーションや可動範囲をいじることにしました。

 

↓過去記事載せておきます。

写真アプリに目覚めたことが書かれていますが、既にそのアプリは削除しています 笑

 

cr-taku.hatenablog.com

 

 

■脚部

f:id:cr-taku:20190603005857j:plain

足の接続はボールデンアームアームズのボールジョイントを使うことにしました。

これもいろんなサイトを参考にしましたが、「ボールデンのジョイントにしました。」くらいしか書いていないことがほとんどだったので、考えながらいじりました。

f:id:cr-taku:20190603005850j:plain

ひとまず足首との接続に使う、大きめなポリキャップは外しました。

使うのはボールデンのジョイントと、左上のポリキャップです。

f:id:cr-taku:20190603005936j:plain

スネ(?)の部分で、本来足首は写真上のグレーのボールジョイントで足のポリキャップに接続しています。

下の写真の赤枠部分には先ほど紹介したポリキャップを挟みたいところです。

f:id:cr-taku:20190603010005j:plain

先ほどの足首のグレーのジョイントと、新しく付けたいポリキャップの幅が違いました。

ポリキャップを挟むと隙間ができてしまうので、強引に隙間を測り、受け側の軸を1mmずつ左右に削ることにしました。

 

隙間を測っているディバイダーは、高校の時に図面を書く授業で使っていたものです。

今でも大事に使っています。

f:id:cr-taku:20190603010015j:plain

左右1mmずつ受けを削ると、綺麗にポリキャップが収まりました。

若干ヤスリで調整はしています。

f:id:cr-taku:20190603010029j:plain

うまく収めたポリキャップには、ボールデンの軸を差し込みます。

あとは足の方にボールデンのもう一方の軸を固定したかったので、元々ポリキャップがあったところに1.2mm圧のプラ板3枚をテキトーに積み上げ接着。

3mm程の深さまで、ピンバイスで穴をあけました。

f:id:cr-taku:20190603010046j:plain

最初は直接穴を開けていましたが、ボールデンの軸が届きませんでした。

ちなみにプラ板に3mmの深さで穴を開けたのは、少し足首を延長したかったからで、ボールデンの軸は確か5mmくらいの長さがあるので、2mmの延長の効果を狙っています。

 

>>> 実際はほぼ変化ありませんでした 笑

 

可動範囲も面白いほど変わりませんでした。

もう少し調べて作るべきでしたが、工作の練習にはなったかな…と、後悔はしていません^ ^;

 

■胴体

f:id:cr-taku:20190603010103j:plain

こちらも完全に他のサイトを参考に、胴体を延長しました。

ピンを切り飛ばし、1.2mmプラ板4枚を重ねています。

形を出すのは、写真の奥の方にチラッと写っている、「ヤスリほうだい2」を使っています。

矩を出すのに使ったのと、角の面取りもヤスリほうだいの力を借りました。

ここまでいろんな工具を使うことは滅多にないので、楽しい反面片付けがめちゃくちゃめんどうでした(主にプラの削り粉を払う作業)。

 

■仮組

f:id:cr-taku:20190603010118j:plain

ドムらしいずっしりした感じは若干和らいでしまっていますが、個人的に満足のいくプロポーションになりました。

 

■シールド

f:id:cr-taku:20190603010130j:plain

組んだ後に、トゲトゲが気になり始め、切り落としてしまいました 笑

ビルダーズパーツ MSスパイク01から、全くスパイクじゃないパーツを上から被せて接着しています。

f:id:cr-taku:20190603010139j:plain

f:id:cr-taku:20190603010147j:plain

f:id:cr-taku:20190603010155j:plain

なんだかボコボコしていて少し気持ち悪いですが、ドムにはトゲはいらないかな、と勝手に納得しました。

 

おおまかな工作は完了したので、あとは少しだけスジ彫りやプラ板貼ったりして、サフろうと思います。

武装だけはまだ考え中です。

ドライセンの試作っぽい雰囲気で、右腕にカスタマイズキャンペーンでもらったガトリングを付けてみようかと思ってますが、まだ決まりそうにありません。

とりあえずはゲルググMから拝借しているマシンガンを持たせています。

(ユニコーンのep4に出てきたドム真似です。)

f:id:cr-taku:20190604003033j:plain

↑の工作の成果はこんな感じ。

ザックリ立たせて撮った←写真と、バッチリスタイルをキメて撮った→とでは若干卑怯な差が生まれていますが、やった甲斐はありました。



やる気を出せば(←重要)年内には完成します。

やる気を出せば(←重要)です。

 

バーザムやガルバルディも似た感じですね…。

アイザックのような複雑なやつは、下手すると迷宮入りかも 笑

 

 

■雑記

f:id:cr-taku:20190603010442j:plain

最近は数年前に進めていたキットも掘り返したりしています。

久しぶりに見るとやる気が漲って来るんですよね。

ただし完成はしないのと、数あるキットをそれぞれいじるので、完成までには途方もない時間がかかるという…笑

↑のハンマハンマなんて、もはや何をしたかったのか忘れていて、グレイズアインのスタンド接続穴にSDCSのSDフレームの胴体を差し込むという荒技で下半身にボリュームを出してみました(謎)。

こんなの絶対に完成しないでしょ 笑

と、言いつつも、いつまでもRジャジャの相方がいないのはかわいそうなので、少しずつでも頑張って完成に近づけたいと思います。

 

↓ちなみに今は食玩にもはまっています。

コンバージの最新弾。

f:id:cr-taku:20190603010230j:plain

昔は買うまいと思っていたフィギュアですが、間も無く20個近い個数になりそうです。

今回の弾は完全に自分のツボを突いた構成で、4個も購入を強いられました。

ガンダムXディバイダー買い忘れたので、実際は5個買うつもりだったみたいです。

f:id:cr-taku:20190603010237j:plain

f:id:cr-taku:20190603010427j:plain

あとは昔からこの手のウエハース+カードも好きです。

ガンダムに限りますが、小さい頃、ガンダムSEED放映中の時代なんかも良く買ってました。

昔は80円とかだった気がしますが、今は120円くらいします 笑

 

と、最終的にものすごく脱線しましたが、なんとか最近はガンプラ製作できています。

f:id:cr-taku:20190603234024j:plain

f:id:cr-taku:20190603234030j:plain

後は容赦なくプレバンから商品が届くので、これもチマチマ組んでいかねばですね…。

頼んだの自分なんですが、届いてようやく思い出すくらい忘れているんですよね。





















HGUC 1/144 アイザック

これは2週間近くも前の話です。

仕事でゴールデンウィークというものは当然なかったのですが、

先日5月も下旬に差し掛かったころに、連休をもらったので、

久しぶりに1日はガッツリガンプラをいじる日と決めました。

f:id:cr-taku:20190603010219j:plain

いじるのはこの3キット。

この記事のタイトルは「アイザック」ですが、簡単に他2個のことも書いておきます。

もうすぐ完成のキットに手が伸びないのが、自分でも本当に不思議です。

 

アイザック

まずは表題にもあるようにアイザック

高速機動型ザク(タコザク)とのミックスです。

2016年の自分の製作メモに、「アイザックとタコザクを合わせる。」っていう文だけがあったのと、昨年Zタイプザクをtwitterinstagramでたくさん見かけたことがスイッチになり、手をつけ始めました(スイッチ付けてから始動が遅すぎる 笑)。

f:id:cr-taku:20190603010729j:plain

何かの漫画のページの写メをネットで見かけたのが、メモに残したきっかけだったと思います。

本来はその漫画に登場する機体はアイザックの腕だったと思うんですが、Zタイプザクの影響でタコザクの腕に替えることにしました。

f:id:cr-taku:20190603011451j:plain

f:id:cr-taku:20190603011510j:plain

アイザックのパーツは使ってはいますが、ポリキャップをプラサポで挟んで、プラ板で蓋をした簡単な関節を用意して、タコザクの下腕にはめ込んでいます。

f:id:cr-taku:20190603011526j:plain

手首はかなり無理やり仕込んでいます 笑

f:id:cr-taku:20190603011545j:plain

下半身アイザックベースに、タコザクのスカートに切り欠きを入れてはめ込みました。

f:id:cr-taku:20190603011558j:plain

膝下は未接着ですが、だいたいこんな感じ。

正直想像よりはるかにキモいです 笑

脚が長すぎるのが原因だと思うので、モモを短くして様子を見る予定です。

f:id:cr-taku:20190603011605j:plain

本来の設定とかは完全無視の、自分仕様でできるところまでやってみようと思います。

 

■バーザム

f:id:cr-taku:20190603011626j:plain

f:id:cr-taku:20190603011633j:plain

ガルバルディとほぼ同じタイミングで購入していましたが、自分としては珍しく、積まれていたキットです。

バックパックは何となくオリジナルで作ってみました。

f:id:cr-taku:20190603013138j:plain

バックパックのベースは、ノーザンポッドのもの。

接続軸位置を少し低めにして、取り付けた時には全体的にバックパックが上位置にくるように加工しました。

他はジャンクパーツのアームパーツを介して、メガライドランチャーのブースターを2基。

個人的にはディフェンサーほどカッコ良すぎない感じを目指しています。

 

簡単にスジ彫りやディテールアップを施したら塗装に入れると思います。

 

ガルバルディβ

f:id:cr-taku:20190603011642j:plain

以前チラッと紹介したガルバルディは、肩の接続軸位置を下目にずらすことで、肩を全体的に上目に動かす加工をしています(バーザムでも似たようなことを書いてますね 笑)。

 

胸のプラ板はボリュームアップ目的です。

 

シールドは余っていたRギャギャのパーツを流用予定。

完全に何となく決めたので、シールドはキット通りの接続になる可能性もあります^ ^;

f:id:cr-taku:20190603011650j:plain

バックパックは折角互換性があったので、バーザムのものを付けました。
ティターンズMS同士なので、そこまで違和感ありません。

 

いろんなキットを行ったり来たりしていますが、昔ほど一つのキットにめちゃくちゃな加工を施すつもりはないので、少しずつでも完成できるように進めたいと思います。



MG 1/100 ジェガン D型

5月に入りましたが、4月に組んだキットの紹介記事です。

 

プレミアムバンダイで注文したジェガンD型が届き、組んでみました。

ZZ(Ver.Ka)以来2個目のMG。

(MGコアブースターは覗きます^ ^;)

f:id:cr-taku:20190515233351j:plain

ちょっと箱が潰れていたのが残念でした。

 

↓まとめて届いた商品がコチラ。

f:id:cr-taku:20190511011844j:plain

MG V2持っていないのにアサルトバスターのセット。

f:id:cr-taku:20190511011848j:plain

さらに初RGでバンシィアームドアーマーセットも。

当然(?)RGバンシィは未購入ですが、いつかマリーダさんのバンシィが作りたかったので、この機会に買っておきました。

f:id:cr-taku:20190424111238j:plain

↑先日紹介したナラティブガンダムB装備拡張セット。

今回プレミアムバンダイから届いたキットは、まともにMSとして完成するキットはジェガンだけでした 笑

 

 

↓製作開始。

f:id:cr-taku:20190511011852j:plain

MGならではの、見えないところのディテールが凝っています。

f:id:cr-taku:20190511011856j:plain

f:id:cr-taku:20190511011902j:plain

f:id:cr-taku:20190511011910j:plain

塗り分けたらカッコいいんですが、こんな細かいのは自分にはしんどいです。

 

↑組みながら軽く実況的にツイートしてました。

Twitterを始めて長いですが、こんなにいいねが付いたことはないと思います^ ^;

ジェガンの人気っぷりがうかがえますねー。

 

■素組完成

f:id:cr-taku:20190511011933j:plain

f:id:cr-taku:20190511011938j:plain

Ver.KaのZZと比較すると、ディテールも大人しく、思ったよりシンプルです。

REより線が少ない印象です。

f:id:cr-taku:20190511011942j:plain

f:id:cr-taku:20190511011946j:plain

f:id:cr-taku:20190511011953j:plain

f:id:cr-taku:20190511011957j:plain

f:id:cr-taku:20190511012002j:plain

f:id:cr-taku:20190511012006j:plain

弱そうなのにカッコいい。

量産機の魅力が存分に詰まってますね。

昔はジェガンなんてこれっぽっちも好きじゃなかったんですが、いつの間にか好きになってましたね^ ^;

f:id:cr-taku:20190511012010j:plain

f:id:cr-taku:20190511012014j:plain

f:id:cr-taku:20190511012020j:plain

HGのように弄れそうな気がしてきました。

比べられるHGのジェガンは今はないのですが、MGは塗り分けがかなりしっかりしているので、逆にHGよりも改修が楽なんじゃないかと思います。

 

正直スタークジェガンやエコーズ仕様の発売まで待とうと思っていたんですが、待ちきれず購入してしまいました。

 

かっこいいのでひとまず飾っておきたいと思います。

 

■雑記

f:id:cr-taku:20190511011919j:plain

f:id:cr-taku:20190511011914j:plain

5月に入り、さらに2つもキットを購入してしまいました。

今は頓挫しているスタークジェガンを手元に持ってきたので、優先的に進める予定です^ ^;

f:id:cr-taku:20190515234526j:plain

f:id:cr-taku:20190515234532j:plain

フル装備でもなく、サフのままの部分もありますが、これが現状です。
 カラーはノーマルのスタークジェガン寄りに戻そうと思います。

個人的に配色は完全に失敗で、今まで塗ってからやり直しを考えたことはほとんどなかったので、かなり滅入っているのが正直なところです。

ただずっとこのままもかわいそうなので、最低でも年内には完成させたいです。