ツノメドリ属日記

ガンプラ製作記です。

2019年のガンプラ生活

f:id:cr-taku:20191218231901j:plain

今年もありがとうございました。

 

■完成したキット

完成したキットは「レギンレイズ 」、「ジム改」の2つでした。

 

レギンレイズ

f:id:cr-taku:20191218231919j:plain

f:id:cr-taku:20191218231937j:plain

cr-taku.hatenablog.com

スタークジェガンの製作で滅入ってしまい、気晴らしの為に無改造で仕上げようと考えたのが製作のきっかけです。

詳細は↑の過去記事をご参照ください^ ^

 

過去に製作した『百錬』振りのサフレス+筆塗り。

綺麗目に仕上げたかったので、ウェザリングは行いませんでした。

 

当時放映されていたアニメ、ガンダムビルドダイバーズで、主人公機の追加兵装として用意された武器をダインスレイヴに見立てています。

我ながらカッコ良いと思ってます^ ^

 

ジム改

f:id:cr-taku:20191231123520j:plain

f:id:cr-taku:20191231123602j:plain

cr-taku.hatenablog.com

夏頃の自分はまじめでした。

購入したキットを組んだ後、表面処理まで済ませて箱にしまう癖がついていたのです^ ^

 

その中の1つがジム改だったので、それを掘り起こし、もう一度後ハメ加工を行い、筆塗りで完成させました。

黒サフの上からエナメル塗料で筆塗りしましたが、恐らくもう2度とやりません 笑

苦労の内容は引き続き↑の過去記事をご覧ください。

 

■素組のキット

f:id:cr-taku:20191202160818j:plain
f:id:cr-taku:20191028020231j:plain
f:id:cr-taku:20191025003200j:plain
f:id:cr-taku:20191025003142j:plain
f:id:cr-taku:20190909014753j:plain

今年はプレバン中心でした。

ジムにハマり、ワグテイルのカスタムキットも買いました。

ジンクスもオリジナルの組み合わせで遊んでみたんですが、割と好みのスタイルにできたので、これも塗装してみたいです。

 

■改造中キット

f:id:cr-taku:20190603011605j:plain
f:id:cr-taku:20190603010139j:plain
f:id:cr-taku:20190515234526j:plain
f:id:cr-taku:20190603011626j:plain
f:id:cr-taku:20190612232219j:plain

f:id:cr-taku:20190909010029j:plain

 2019年で進んだのは↑のキットでした。

ガルバルディβは塗装中です。 

cr-taku.hatenablog.com

 

■雑記

f:id:cr-taku:20191218232213j:plain

f:id:cr-taku:20191218232222j:plain

今年は初めて限定キットを購入しました。

組んで終わりになりそうですが、記念に 笑

 

f:id:cr-taku:20191218232247j:plain

楽しみにしていた劇場版Gのレコンギスタも、映画館で観ることができました。

f:id:cr-taku:20191218232301j:plain

f:id:cr-taku:20191218232408j:plain

f:id:cr-taku:20191218232308j:plain

f:id:cr-taku:20191218232322j:plain

2月も楽しみです。

f:id:cr-taku:20191218232447j:plain

f:id:cr-taku:20191218232459j:plain

f:id:cr-taku:20191218232505j:plain

G40も購入し、組みました。

評判悪いですが、自分は面白い企画だと思います。

ただビームサーベルはやはり上向き派です。

f:id:cr-taku:20191218232512j:plain

普段は購入しては即組んでいましたが、もはやそんなに組む時間もないため、かなりの積みができてしまいました。

これ以外にもまだMG F91があります…。


来年は県外への引っ越しもあるのと、2LDKの部屋からワンルームの部屋になる関係上、大量にガンプラを処分しなくてはいけません。
とりあえずヤフオクを検討してます^ ^;

 

購入も主にプレバンのみに抑えて、作りかけのキット中心に製作していこうと考えています。

 

時間がなかなか作れませんが、これからもお付き合いいただけましたら幸いです。

 

 










 

HGUC 1/144 ジム改【完成】

ガンダム0083 STARDUST MEMORYに登場する、ジム改を製作しました。

レギンレイズ同様、完成記事が初お披露目です。 

エナメル筆塗り全塗装、プロポーションなどの改修は行わず、加工はほぼ後ハメ加工のみです。f:id:cr-taku:20191202160149j:plain

f:id:cr-taku:20191202160156j:plain

f:id:cr-taku:20191202160211j:plain

表面処理だけ終わった状態で放置していたのですが、とりあえず1個でも完成を増やそうと手をつけました。

とても簡単な構造だったので、他のキットよりも手早く塗装できそうだな、と思ったのがこいつをストックの中からチョイスしたきっかけです。

f:id:cr-taku:20191202160252j:plain

f:id:cr-taku:20191202160257j:plain

f:id:cr-taku:20191202160305j:plain

f:id:cr-taku:20191202160325j:plain

f:id:cr-taku:20191202160333j:plain

f:id:cr-taku:20191202160340j:plain

f:id:cr-taku:20191202160348j:plain

バニング大尉の乗機だったそうですが、視聴当時ジム系が全て同じ姿に見えていた自分には、この「ジム改」というMSが認識できていませんでした…。

そもそもジム改を知ったのは、このガンプラ模型店で手に取ったその時だったんです^ ^;

購入動機 :「ハンドパーツたくさん」・「安い」の2つ 笑

f:id:cr-taku:20191202160354j:plain

f:id:cr-taku:20191202160359j:plain

サーベル刃は根元辺りにつや消しをかけてみました。

 

このキット、左の武器持ち手がないということに、撮影する際に気がつきました。

紛失したと慌てて探しまくった上で、改めて説明書を読んでホッとしました^ ^;

豊富なハンドパーツに誘われて購入したので、まさか付属していないとは思ってもいなかったようです 笑

左手で柄を抜くのに右手でしか持てないのは悔しいですねー。

f:id:cr-taku:20191202160404j:plain

f:id:cr-taku:20191202160410j:plain

f:id:cr-taku:20191202160416j:plain

バズーカもちゃんと組みました。

弾倉とセンサーだけ塗り分けています。

今更ですが、ずっと右足首の位置、内側に入り込んでますね…。

 

【改修】 

f:id:cr-taku:20191202160452j:plain

肩のダクトを塗り分けたくなかったので、別パーツ化しました。

…このダクトってどんな用途なんですかね。

f:id:cr-taku:20191202160459j:plain

腕部は合わせ目を消すために後ハメ化。

前腕にそのまま関節を差し込めるようにピンを飛ばし、関節側のパーツを分割しました。

f:id:cr-taku:20191202160509j:plain

f:id:cr-taku:20191202160527j:plain

脚部も後ハメ。

関節側のピンを飛ばし、ふくらはぎ側はピンを差し込むのに邪魔になりそうな部分をカットしています。

 

 

【塗装】

f:id:cr-taku:20191202160601j:plain

f:id:cr-taku:20191202160607j:plain

「黒立ち上げ」に挑戦してみました。

Mr.HOBBYの黒サフです。

f:id:cr-taku:20191202160704j:plain

関節や武器類はいつも通りメカサフヘヴィ。

f:id:cr-taku:20191202160719j:plain

エナメル筆塗りです。

3回くらい重ね塗りしました。

f:id:cr-taku:20191202160734j:plain

・XF-57 バフ (メインカラー)

・XF-22 RLMグレイ (胸部)

↑の2色を基本色に、ダクトやコックピットハッチにグレー系、バーニアにレッド系を使いました。 

f:id:cr-taku:20191202160856j:plain

墨入れに苦戦しました。

エナメルの墨入れを考えていたので、よく考えたら拭き取れないなぁ、と^ ^;

 

アホなのでラッカーのトップコート拭いてから墨入れすれば、拭き取り時に墨のところだけ拭き取れるんじゃないかと考え、実践。

見事に黒サフ下地が現れました 笑

f:id:cr-taku:20191202160903j:plain

仕方ないので上からリタッチしてます 笑

写真は手の甲だけですが、いたるとろにリタッチの痕跡があります。

 

こうやって学んでいくんですね…笑

 

■雑記

f:id:cr-taku:20191202160759j:plain

ジムキャノンに始まりジム改、その他いくつかジムキットを購入していますが、ついにヤフオクまで使って改造キットにまで手を出しはじめました。

ジム改は2個目です 笑

f:id:cr-taku:20191202160818j:plain

f:id:cr-taku:20191202160822j:plain

カッコ良いですが最早ジムじゃないですね、これは^ ^;

f:id:cr-taku:20191202160812j:plain

ジム改に続けるか、自分の気力次第になりそうです^ ^;

f:id:cr-taku:20191202160934j:plain

 最新アニメにドートレスの改造機が出たことで、久しぶりにガンダムX関連のキット化が決まりましたね。

組み済みを合わせて3個のLMドートレスを所有する自分としては非常に複雑な気持ちですが、エルドラドートレスは2個注文済みです。

1個はLMキットを使ってドートレスキャノンに改造したいですね^ ^

来年が楽しみです。

(製作中に素ドートレスがプレバンで発売されませんように…。)

f:id:cr-taku:20191202160928j:plain

11月はほぼホテル住まいで、トータル5日も自宅にいなかったので、全くガンプラ製作が進みません^ ^;

異動で県外に引っ越す可能性もあるので、もう改造とかしないようなガンプラは、一斉にヤフオクに出品予定です。

 

ブログは結局11月は更新ゼロ。

10月もほぼ滑り込み記事なので、ため息ものです 笑 

最近のガンプラ事情 2019年10月

前回の更新から早くも1ヶ月半ほど経過してしまいました。

このままだと10月の更新ができずに終わりそうだったので、無理矢理記事を起こしました 笑

 

最近最も進んでいたガルバルディはと言うと、カラーが決まり、塗装を開始しました。

…が、どうも希釈がうまくいっていないのか、もしくは湿度の問題なのか、塗装がうまくいかず、完全放置状態で半月以上経過しています。

f:id:cr-taku:20191025002944j:plain

リムーバーを買ってみました。

サフも残るくらいの程よい落ち具合に安堵 (絵面は相当ヤバイですが 笑)。

しかしながら、来月から1ヶ月以上の出張も待っているので、塗装できるタイミングがほぼ無し。

今年の完成はレギンレイズのみかなぁ…。

あれほどたくさん作ると意気込んでいたんですが…。

 

【塗れば完成】

塗れば完成ってキットは昨年よりも多く準備できています。

ただ最近はカラーパターンがうまく浮かばず、考えるだけでなかなか手が進まないので、一向に完成しません。

モデギャラとかGUNSTAとか見ますが、参考にするとパクってるような気持ちになるので、カラーはなるべく自分で考えたいタイプです(どうしても似通ってはしまいますけどね。)。

f:id:cr-taku:20190603011626j:plain

■バーザム

こいつは黄色を引いたカラーリングの予定。

見た目が奇抜なので、カラーまで尖らないようにした方が自分好みになりそうです。

f:id:cr-taku:20190814191351j:plain

■ガブスレイ

カラー検討中。濃いめのブラウンを使って塗装したい、という構想のみあります。

あ、でも塗れば完成と思っていましたが、脚のスジ彫りをミスったのと、拳の加工は必要でした。

来年かな^ ^;

f:id:cr-taku:20190603010139j:plain

■ドムR35

肩パーツを豪快にぶっ壊したので、残念ながら頓挫しました。

f:id:cr-taku:20191028221924j:plain

こんな感じ。

どうやったらこうなるのかって感じですよね…。

またドムの記事を書いたら事の顛末を紹介します 笑

f:id:cr-taku:20181205120422j:plain

スタークジェガン

だいぶ引きずっているこいつも、一応カラーは決めました。

色に納得がいかず、かれこれ2回塗り直してます。

なのでカラーは決まったものの、勇気がなくて先に進めない状態です。情けない 笑

 

実は他にもいくつか準備しているキットはあります。

このブログでは「もうすぐ完成します。」みたいなこと言っておいて完成しなさ過ぎなので、迂闊に作りかけキットを紹介しないようにしています 笑

 

プレミアムバンダイ

プレミアムバンダイからも月1くらいの頻度でキットが届きます。

これの素組みが楽しくて、塗装とか改修とか全く手に付かないです。

f:id:cr-taku:20191025003142j:plain

HGUC 1/144 セカンドV

すごく良いキットでした。

途中までは小振りなこともあり、やっぱMGが良かったなぁとか思っていましたが、完成すると案外ボリュームもあり、満足度は高めです。

ベースキットと比較してパーツによる色分けがとても優秀でした。

f:id:cr-taku:20191025003200j:plain

HGUC 1/144 ディジェNTver.

これ、1次で注文しているので、届いたのけっこう前なんですよね…。

組んだのは10月です。

専用ビームライフルがかっこいいです。

f:id:cr-taku:20191028020231j:plain

HGUC 1/144 ドダイ改

理由は不明ですが、これめちゃくちゃ欲しくて、発売になった際は勢いで2個購入してしまいました。

よく考えるとこれも表面処理までしっかり終わっているので、塗装できますね。

上に乗る人たちにちょうど良いMSがいないので、優先順位は低めですけど 笑

やっぱり合わせるならディジェが良さそうです。

f:id:cr-taku:20191028020224j:plain

HGUC 1/144 ジムキャノン

今年は空前のジムブームで、RGM特集のモデルグラフィックスも購入しました。

ジムキャノンは前からずっと欲しかったキットで、再販の際に慌てて注文しました。

これも表面処理は終わっているので、塗れば完成です(最早未完フラグでしかない…笑)

 

【改造】

最近は改造はお預け。

SDのMK-4を仕上げたいのですが、パテを使うのが面倒で、しばらく放置しています。

↓の写真のやつは、ビルドファイターズ系のキット「百万式」に、旧キット1/220 「メッサーラ」を載せてます 笑

f:id:cr-taku:20191025003229j:plain

一瞬だと気付かれないのではないかと思う程、成型色が似ています。

f:id:cr-taku:20191025003220j:plain

作り込んだらカッコ良いんじゃ…。写真はブースター前後反対ですが 笑

メッサーラのエッジをしっかりと立ててあげると違和感消えそうです。

ジオみたいなカラーリングも良いかな、と今から妄想しています。

f:id:cr-taku:20190909015902j:plain

そんなこんなで最近のガンプラ事情でした。

そして敢えて前回の記事と同じ写真で締めるという自分への皮肉 笑

 

せめてガルバルディだけでも仕上げたい!

 

 

HGUC 1/144 ガルバルディβ 2

ガルバルディβ、続きです。

f:id:cr-taku:20190909005801j:plain

f:id:cr-taku:20190909005924j:plain

筋彫りとプラ板を貼って↑のようになりました。

f:id:cr-taku:20190909005755j:plain

背面はよいディテールを思いつかなかったので、シンプルにしました。

 

筋彫りはラインチゼル。

なかなか慣れないので、未だにガタガタな線しか引けません…。

 

表面処理は#600まで神ヤス(5mm厚)を使って行ってます。

写真で見た限りパーツ表面が荒いですが、塗装前提なので、いつも600まで(あくまで自分は。です。)

f:id:cr-taku:20190909010029j:plain

f:id:cr-taku:20190909010035j:plain

タミヤのグレーサフ、「スーパーサーフェイサー(グレイ)L」と、

メカサフヘヴィで関節色を吹いています。

f:id:cr-taku:20190909005808j:plain

綺麗に吹けましたが、やはり追加したラインが汚いですねー^ ^;

ちなみに#600程度のヤスリ傷は、サフ段階でほぼ消えているのがわかります。

 

グレーサフは良かったんですが、メカサフの方はかぶりました。

考えてもみればなかなかの湿度だったので、やらかしましたね…。

メカサフの色そのまま関節は使おうと考えていたので、吹き直しか上から別色載せるか要検討です。

f:id:cr-taku:20190909005906j:plain

背面はプラ板を貼らなかったので、塗り分けで勝負しようと考えています。

f:id:cr-taku:20190909005913j:plain

脚部はこんな感じ。

プラ板の貼っただけ感はすごいですね。

プラモ向上委員会の「ヤスリカスゼロ」を使って、これでも面取りしているんですが、まだまだ修行が足りないようです。

f:id:cr-taku:20190909020010j:plain

テーブルの上。

散らかっていますが、現在ガルバルディのカラーを検討しています。

あと、未だにジェガンの色も再検討中です(この前グリーン塗ったんですけどね…。)。

 

↑のサンプルは、カットしたプラ板に筆で塗料を塗っています。

塗った後に色の組み合わせのミスで悔やむことがないようにすることが目的です。

キャップの色だけで今まで考えていたので…。

 

今回は順当にレッド系の予定です。

f:id:cr-taku:20190909015852j:plain

ちなみに↑の腕はカラーテスト。

ジャハナム 改造用に購入した、ガンダムSEED DESTINYのコレクションシリーズ、「スラッシュザクファントム」の腕です。

スラッシュウィザードを提供して、本体にはもう使い道がないので、カラーパターンの確認用にしました。

 

関節やマニピュレーターがメカサフヘヴィで、それ以外はクレオスの#100 マルーンです。

 

以外とモッサリするので、ここは思い切って純色に近いレッドで塗装しようか悩み中です。

 


 ■雑記

実はここ最近はかなりたくさんキットを買っています。

ただし組んだのはHG 3個程度。

どれも表面処理まで終わっていますが、自分の手の遅さだと、積みプラが増える一方です。

…以前は買ったらすぐパチっていたんですけどね。

f:id:cr-taku:20190909014753j:plain

 f:id:cr-taku:20190909014804j:plain

↑ジンクスを押入れから引っ張り出してきました。

実は仕事の関係で名古屋を離れる可能性が出てきたので、荷物を整理しています(さっきの買い込み発言と大きく矛盾していますが 笑)。

いろいろと苦渋の選択ではありますが、以前も行ったように、ガンプラを売却しようと思っています。

既に手を加えてあるキット以外が対象ですが、どれも思い入れがあり、なかなか断捨離できません 笑

f:id:cr-taku:20190909014814j:plain

ジンクスはこれとセルゲイの乗っていた連邦カラーを残し、プレバンのジンクス4は4個全て手放そうと考えています。

↑のジンクスはストライカージンクスとオーガ刃Xの組み合わせで、頭部だけ飾り気のないものが良かったので、連邦仕様のジンクスから拝借しています。

NGNバズーカはHGアストレアtype-Fから。

過去にいろいろ組み合わせた際はなかなか形にならなかったのですが、写真のこいつはけっこう良い感じにまとまっている気がします。

f:id:cr-taku:20190909015902j:plain

そんなこんなでガルバルディですが、色が決まれば後は突き進むのみ。

頑張って塗装を完了させたいと思います。

HGUC 1/144 ガルバルディβ

以前から別のキットの記事に登場していたガルバルディですが、工作に目処が立ってきました。f:id:cr-taku:20190814191023j:plain

↑現状

f:id:cr-taku:20190814191048j:plain

まず大きく変えたのはバックパック

バーザムのものに交換しています。

互換性があるので、無改造の付け替えです。

 

バーザムには別のバックパックをつけたので、余ったオリジナルのバックパックガルバルディに付けてみた、という経緯です。

少し薄っぺらなバックパックなので、本当はもう少しボリュームがあると良いのですが、沼にハマらない為にも今回はこのまま使います。

f:id:cr-taku:20190814191104j:plain

脚部に筋彫り追加。

けっこう傷が入ってしまったのと、ラインもガタガタなので、可能な限り修正はするつもりです。

穴が空いている場所には、プラ板で裏打ちした後、コトブキヤのバーニアパーツを取り付ける予定です。

過去にRジャジャでもリアスカートに同じ要領で付けたことがあったので、今回も同じように手軽に雰囲気を変えられたら良いな、と思って加工してます。

f:id:cr-taku:20190814192258j:plain

Rジャジャのリアスカートにコトブキヤの丸バーニアとボルト(?)計4箇所。

f:id:cr-taku:20190814192329j:plain

肩もRギャギャからRジャジャにするためにミサイル発射口作成しました。

この後バーニアパーツ接着してそれっぽく見立てています。

↓詳しくは下記記事にて。

 

cr-taku.hatenablog.com

今回のガルバルディではあまりコテコテにするつもりはありませんでしたが、練習も兼ねて結局手を加えてしまいました。 

f:id:cr-taku:20190814191130j:plain

f:id:cr-taku:20190814191147j:plain

工作途中の写真。

後ろの串に刺さった緑のやつはジェガンですね 笑

 

今回は下半身から加工をはじめていますが、各パーツごと(足・スネ・モモ)プラ板を貼ったりしていたので、いざ組み合わせてみたらとっても残念な感じでした 笑

多分足についてる小さいプラチップは外してしまうと思います。

 

この後はフロントスカートに筋彫り追加し、胸部にはプラ板貼り付け予定です。

今月はもうほとんどガンプラを触れる時間はありませんが、工作にキリをつけて塗装に入りたいです!

ジェガンのように失敗ないような色の組み合わせで塗装したいと思います。

 

■雑記

 

工具を新調しました。

f:id:cr-taku:20190814191212j:plain

プラモ向上委員会の『ヤスリカスゼロ』

GUNPRIMERの『パネルラインガイド1』

 

明確に何かがしたかったわけではなく、何となく試したかったために購入。

 

ヤスリカスゼロのみテスト。

f:id:cr-taku:20190814191229j:plain

f:id:cr-taku:20190814191240j:plain

HARD(#240〜400)→MIDDLE(#600)

とりあえず消すことはできましたが、ペーパーとはまた違った削り心地で慣れません。

力を入れ過ぎたり、角で削れるとけっこう抉れます。

ラギアも待っているので、どこまで活躍の場があるかはわかりませんが、手を慣らすためにも、しばらく無理くり使ってみようと思います。

ちなみに削りカスは出ます(極微量)。

f:id:cr-taku:20190814191309j:plain

↑は補充。

リューター用ビットは加工のレパートリーを増やすために購入。

今のところダメージ加工は興味がないので、それ以外の用途で使う予定です。

 

神ヤスは定番と言うか、今の自分のプラモ製作に無くてはならない存在です。

特に5mm厚。

薄い方のは試したところ、パーツの上で動かしにくく、自分には向いていませんでした。

自分の組むキットの8割のパーツはこの神ヤスで表面処理しますが、曲面ではなく平面でも容赦なく使います。

5mm厚なのでそれなりに固く、平面でも削りやすい、という持論です。

 

面出しヤスリに関しては、#320が使いにくい印象だったので、「番手が原因かな?」と根拠もない謎理由で400番を買ってみました。

手癖なのか、商品名の割に面出しに使いづらく、フラットに仕上がりません。

まだ使っていませんが、400番は使いやすいことを祈ります 笑

 

ガルバルディ以外にも、つい昨日、ガブスレイを組みました。

後ろ姿がカッコいいです。

f:id:cr-taku:20190814191336j:plain

f:id:cr-taku:20190814191351j:plain

f:id:cr-taku:20190814191406j:plain

フェダーインライフルを持たせる握り手がゴミだったので、HDマニュピレーターに置き換えてます。

ただし拳が大きすぎるので、どうにか元の握り手を改善したいところです。

f:id:cr-taku:20190814191436j:plain

↑福岡からのお土産でいただきました。

こんなサプライズありですか…??泣

富野由悠季の世界。

ホントは自分の足で見に行きたいところですが、仕事以外でなかなか福岡に行くことがないので、静岡に来るまで待とうかな…と諦め気味です。

MGは3体目です。

f:id:cr-taku:20190814191452j:plain

とりあえず仕事やいろんな付き合いでなかなか製作が捗りませんが、まぁいつも通りなので、気にせずできる時に黙々と進めたいと思います。

HGUC 1/144 スタークジェガン 6

スタークジェガン

製作に関して大きな動きはないのですが、ちょこっとずつ進めています。

f:id:cr-taku:20181205120422j:plain

今までのスタークジェガン

f:id:cr-taku:20190718012038j:plain

f:id:cr-taku:20190718012046j:plain

塗装を剥がして再度サフ吹き。

f:id:cr-taku:20190718012106j:plain

f:id:cr-taku:20190718012121j:plain

今回もレギンレイズ と同じ筆塗りにしました。

レギンレイズの筆塗りでは、塗料の消費が少ないのと、そこまでムラにならないという印象があったので。

 

ただしこの湿度の高い時期は結構難しいです。

塗料が固まるというか、水分のせいか伸びが悪くなります。

f:id:cr-taku:20190718012131j:plain

f:id:cr-taku:20190718012138j:plain

f:id:cr-taku:20190718012148j:plain

カラーパターン再確認。

のはずでしたが、濃い方のグリーンはまた塗り直しの予定。

 

黒いパーツはチャコールグレー系で塗装の予定です。

 

◼️雑記

↓最近組んだキットです。

f:id:cr-taku:20190718012220j:plain

HGBD リーオーNPD

f:id:cr-taku:20190718012202j:plain

HGUC シルヴァバレトサプレッサー

f:id:cr-taku:20190718012213j:plain

昔組んだドーベンウルフと2ショット。

ドーベンの格好良さが再確認できました。

f:id:cr-taku:20190718012227j:plain

f:id:cr-taku:20190718012235j:plain

f:id:cr-taku:20190718012240j:plain

唐突にんガブスレイも進めています。

ちなみにガブスレイ 以外は6月に組んだキットです。

f:id:cr-taku:20190718012246j:plain

ガンプラパッケージアートコレクション2

こういうの好きですぐ集めてしまいます。

今回はMG1個買えそうな額まで出してようやくフルコンプ。

アッガイとザクマインレイヤーはどうしても出なかったので、会社の人から譲ってもらいました。

 

MGの購入は躊躇うくせに、お金を小出しにする分には構わないようです。

最終系が見えてなくて、その時が良ければokってことですね(1個120円)。

最悪です 笑

 

このブログについてですが、

気付いたら最近ショボ目のレビューサイトみたいになってきたので、しっかり製作してる内容を記事にしていきたいと思います。

昔以上に細かく手を付けているキットは実は増えていて、以前紹介したガルバルディ やバーザム、ドムR35などは着実に完成に近付いています。

 

ただ写真を撮るほどでも載せるほどでもない進捗具合なので、まとまったら記事にしたいと思います。

 

HG 1/144 ガンダムTR-6 ヘイズルⅡ

先月末にプレバンから届いたキットを消化しました。

ディジェ(ナラティブver.)はまだ未組み立てなので、早く組みたいです。

f:id:cr-taku:20190603234030j:plain

ヘイズルⅡ。

f:id:cr-taku:20180712232941j:plain

以前↑のウーンドウォートを組みましたが、とにかく変わった作りのキットだった記憶が強いです。

実際AOZ全く知らないので、完全にデザインだけ気になって購入した感じです。

そもそもZの時代のMSだとは思いもしませんでした。

f:id:cr-taku:20190612231828j:plain

ヘイズルⅡ素組み完成。

こちらのカラーリングも渋くてカッコいいです。

f:id:cr-taku:20190612231848j:plain

f:id:cr-taku:20190612231859j:plain

コンポジットシールドブースターが2基。

ウーンドウォートと比較してかなりゴツい見た目に変わりました。

f:id:cr-taku:20190612231912j:plain

ティターンズカラーのMSは初めて買った気がします。

ガルバルディβもバーザムも黒くないですもんね。

f:id:cr-taku:20190612231921j:plain

リアアーマーも丸っこいデザインから角張ったデザインに変わっていました。

f:id:cr-taku:20190612231939j:plain

ちなみに頑張れば自立します。

f:id:cr-taku:20190612232004j:plain

そーっと写真撮ってます 笑

f:id:cr-taku:20190612232013j:plain

ブースター外した状態。

ブースターある姿も良いのですが、こっちの方がスッキリしていて好み。

f:id:cr-taku:20190612232023j:plain

f:id:cr-taku:20190612232028j:plain

尻尾は動きますが、ポリキャップがゆるゆるです。

ちなみにコンポジットシールドブースターもすぐクタッとしてしまいます。

f:id:cr-taku:20190612232039j:plain

f:id:cr-taku:20190612232103j:plain

f:id:cr-taku:20190612232118j:plain

実際干渉しまくりで、ロクにポーズがとれません。

ビームライフルも脇に挟めば腕も曲げられそうですが、自由度は相当低そう。

シールドも脚に干渉してまともに構えられないので、↑の写真は腕を曲げて構えてます。

f:id:cr-taku:20190612232126j:plain

f:id:cr-taku:20190612232142j:plain

f:id:cr-taku:20190612232150j:plain

どちらが後発なのか、とか、機体の情報は詳しくは知りませんが、特徴的なデザインで写真映えしますねー。

特にヘイズルⅡに付属していたビームライフルはボリュームもあってかっこいいです。

f:id:cr-taku:20190612232202j:plain

変形機構もあるけっこう複雑なキットなので、塗装までしようとは今のところ考えていません。

そもそも差し替え変形ですが、変形に必要なパーツを切り出してすらいないという…笑

 

しばらく飾っておきます!

 

■雑記

f:id:cr-taku:20190612232219j:plain

また作りかけキットを漁っていました。

これもAOZに掲載されていたガルスSに影響を受けて作り始めたのですが、良く見たらけっこう形状が違ったので、面倒になってしまっていたものです 笑

全く同じで作る必要はないので、なんちゃってガルスSの製作をそのうち再開したいと思います。

ガルスS(旧キット)とシュツルムガルスの2ショットはありましたが、この姿はブログでは初登場でした。

f:id:cr-taku:20190612232241j:plain

また会おう。

f:id:cr-taku:20190612232256j:plain

それにしてもZZシリーズのパケ絵はカッコ良すぎます。

ジャムルフィンとかアイザック、ガゾウムとかも。

f:id:cr-taku:20190612232307j:plain

前回紹介したドムも製作中。

プラ板張ったり目にHアイズ仕込んだりしました。

コトブキヤの丸ノズル(4mm径)にHアイズ(3.5mm径)を入れてモノアイに接着しました。

これモノアイが出っ張った分、クリアパーツハマらないなんてことないよな…。

 

またまとまった進展があったらドム専用の記事を上げたいと思います。